コト

アシャゲがあずまやに 阿室集落、ノロ祭祀施設建て替え

アシャゲがあずまやに

南海日日新聞:写真/アシャゲから交流拠点として建て替えられたあずまや=29日、宇検村阿室

南海日日新聞:写真/アシャゲから交流拠点として建て替えられたあずまや=29日、宇検村阿室

鹿児島県奄美大島の宇検村阿室集落(田畑成康区長、29世帯61人)に残っていた、ノロが祭事を行う神聖な建物「アシャゲ」が、老朽化とノロの後継者不足のため解体され、このほど観光交流拠点のあずまやに建て替えられた。29日、落成式があり、元山公知村長や住民が集い、完成を祝った。

阿室集落は、ノロによる神事が伝統的に行われてきたが、高齢化や後継者不足で数年前から途絶えている。アシャゲは現在、隣接する土俵周りで行われる豊年祭や八月踊りの際に、参加者が休憩する場となっている。

かつてのアシャゲは1958年建築。天井の古い木のはりは村内に残っていたアシャゲの中では最も古かった。柱と床は鉄筋コンクリート製だったが、ひび割れし、さびた鉄筋がむき出しになってきたことから、集落が村に建て替えを要望していた。

村が県の地域振興推進整備事業の補助などを受け、あずまやに整備した。床から天井まですべて鉄筋コンクリート製で、10本あった柱は4本になった。東、北、西側には腰掛けることができるベンチも設計され、「奄美世界自然遺産トレイル」コースの参加者の休憩場所などにも利用される予定。

落成式では集落の人々が「ほーい」「ほーい」と呼び掛けながら、新築の家に代々してきた同集落の言葉ではらい清めた。田畑区長(62)は「集落にとって、ここはやはりアシャゲ。今後50年、100年先も阿室集落を見守ってもらいたい」と話した。


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 体操教室&星空ウォッチング
  2. 南海日日新聞〔写真〕力強くスタートを切る大島地区の久保愛結美(左)ら1区の選手=26日、霧島市隼人運動場 大島8位、Bクラス維持 鹿児島県地区対抗女子駅伝
  3. 響かぬチヂン、静かな秋 コロナで伝統行事軒並み中止、「本質考える…
  4. 人気を集めた「島のバス停」コーナー2月23日、東京・代々木公園 東京へ「春一番」徳之島観光・物産フェアにぎわう
  5. 初夏の味、収穫始まる 奄美モズク、触感に特徴
  6. 南海日日新聞〔写真〕大島海峡の景色を楽しみながら歩くウオーキングイベント参加者=26日、瀬戸内町 瀬戸内町、大和村エリアが開通 自然遺産奄美トレイル
  7. “闘うシングルマザー”世界チャンピオン・吉田実代選手、沖永良部に凱旋! “闘うシングルマザー”世界チャンピオン・吉田実代選手、沖永良部に…
  8. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP