話題・グルメコト

  1. 名瀬港 異動する教職員との別れ 新型コロナの影響も

    奄美市の名瀬港では、異動する教職員の見送りがピークをむかえていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小している学校もあります。奄美市の名瀬港では27日夜、異動する教職員を見送ろうと、多くの人が集まっていました。今年…

  2. 沖永良部島「花の島の卒園式・花いっぱいプロジェクト」

    花の島に生まれ、花の島で育った幼稚園児、令和初めての卒園式の模様を沖永良部島のケーブルテレビERAB…

  3. 奄美博物館 旧暦行事カレンダー発売

    奄美博物館で奄美の旧暦行事カレンダーを発売。奄美大島では旧暦行事だったり文化が多彩にあり…

  4. 奄美大島で海開き 今年は新型コロナ影響も

    奄美大島の海水浴場では26日、海開きが行われましたが、新型コロナウイルスの感染防止のために例…

  5. 広報せとうち3月号 古仁屋中学校男子バスケットボール部

    瀬戸内町の広報誌からの話題です。見開き1ページを使って大きな記事「コニスポ」の号外になっています…

  6. 来月休校の加計呂麻島・秋徳小中学校 姉妹2人の修了式

  7. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会

    闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で

  8. 南海日日新聞〔写真〕奄美大島だけに生息するオオトラツグミ

    オオトラツグミ一斉調査 奄美大島「順調に回復」

  9. 南海日日新聞〔写真〕瀬戸内町加計呂麻島のアシャゲ(県教育委員会提供)

    県文化財指定へ 加計呂麻のアシャゲ、中甫洞穴の出土品

  10. 沖永良部島 ”島立ち”の春

  11. 休校延長、判断分かれる 新型コロナ対策、奄美の小中学校

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

イベント情報投稿フォーム

PAGE TOP