話題・グルメコト

  1. 豊穣に感謝「ティーヤ」 瀬戸内町清水、「ヒヨヒヨ」も

    旧暦9月6日夜から7日早朝にかけて行われる、鹿児島県瀬戸内町清水集落(141世帯227人)の伝統行事「ティーヤ」と「ヒヨヒヨ」が22~23日、同集落の厳島神社で行われた。五穀豊穣(ほうじょう)の感謝と無病息災を祈る行事。今年は新型コロナウイ…

  2. 奄美のコーヒーカルチャーに注目!奄美群島内でコーヒー栽培に挑戦する「てるまに珈琲」!

    奄美大島にはスターバックスなどのチェーン店はありませんが、個性豊かなコーヒー屋さんが点在しています。…

  3. 世界記録達成 球根植え付け、1万5690球 和泊町

    「花の島」として知られる鹿児島県沖永良部島の和泊町で18日、ギネス世界記録「1時間に植えた花の球根の…

  4. アダンの防風林復活へ 奄美自然学校、用海岸で植栽

    鹿児島県奄美大島でエコツアーなどを展開している奄美自然学校(永江直志代表)は18日、奄美市笠利町の用…

  5. 阿権小児童が島っ子ガイド 集落魅力、たっぷり紹介

    鹿児島県徳之島の伊仙町立阿権(あごん)小学校(岩元博美校長、児童20人)の児童らが、地元の観光スポッ…

  6. 島の素材活用、「あいらんどーなつ」 奄美高校が共同開発

  7. 観光に電動キックボード活用 与論島、実証実験始まる

  8. 「ひんじゃ~」奄美をPR、六調も披露 ゆるキャラGP

  9. 成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験

  10. 「龍の目」輝く 龍郷町、トンネル越しに夕日のショー

  11. 島中安寧、コロナ収束願い舞う 与論十五夜踊を奉納

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP