伝統・文化

  1. 「泥染め」で奄美大島の伝統技法を体験!自然の恵みを利用した天然染色を楽しもう

    奄美大島ならではの文化体験が気軽にできる「泥染め」。手触りのいいサラサラの泥を揉み込んで染めていく伝統技法を、奄美大島で体感することができます。お気に入りの服やトートバッグに取れないシミや日焼けができてしまった…という場合でも、自然…

  2. 島むにの多様性伝える ~沖永良部の方言絵本「塩一升の運」を出版

    鹿児島県沖永良部島で古くから伝わる昔話を同島の方言(島むに)で紹介した絵本「塩一升の運(ましゅいっし…

  3. ハジチの模様に興味津々 ~伊仙町歴民館講習会「徳之島のいろは」学ぶ

    鹿児島県徳之島・伊仙町歴史民俗資料館主催の講習会「徳之島のいろは」が6月18日、同町総合体育館であっ…

  4. 知名町「しまむに教室」開講~今年度も伝承、記録者育成

    しまむに(沖永良部島の方言)を学ぶ鹿児島県沖永良部島知名町の公民館講座「しまむにサロン」が2022年…

  5. 勇壮!ヤッコ踊り~知名町「五月の祭典」、伝統芸能多彩に

    鹿児島県知名町文化協会青年部主催の第20回「五月の祭典」が5月28日(土)夜、おきえらぶ文化ホールあ…

  6. 奄美の海開きが行われる「サンガツサンチ」!赤ちゃんの健康を祈る伝統行事に参加しよう

  7. 奄美各地で「サンガツサンチ」

  8. 節田マンカイ、今年も中止 奄美市笠利町の旧正月行事

  9. 餅の花咲くナリムチ 奄美大島=家内安全、コロナ収束願う

  10. 奄美やんご祭り2021

  11. 棒踊り、勇壮に舞う 喜界町荒木、2年ぶり九月十九日祭り 

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP