話題・グルメヒト

  1. 龍郷町で教育民泊 修学旅行生が郷土料理作り、体験活動で魅力アピール

    鹿児島県奄美大島・龍郷町の一般家庭で修学旅行生らを受け入れ、宿泊・体験サービスを提供する同町の教育民泊事業「かんもーれ!たつごう民泊」が13日に始まった。2022年度に実行委員会が発足し、24年度の本格始動に向けて準備を進めてきた事業。島外…

  2. MBCラジオ「あまみじかん」6月22日(第414回)は…

    ①「教えて!あまみんちゅ」瀬戸内町にある「きゃしなふ農園」代表の増 麻那美さんが登場。今…

  3. MBCラジオ「あまみじかん」6月15日(第413回)は…

    ①「教えて!あまみんちゅ」コメディ劇団「奄美笑劇場」主宰のたがわ まんたさんが登場。旗揚…

  4. 島に唯一の印刷業、地元青年が承継 沖永良部島知名町=金城さん、「町の活性化につなげたい」

    ㅤ廃業の危機にあった鹿児島県沖永良部島唯一の印刷会社「安田印刷」(知名町、安田佳郎代表)の事…

  5. MBCラジオ「あまみじかん」6月8日(第412回)は…

    ①「教えて!あまみんちゅ」奄美島唄の唄者・平田 まりなさんが登場。6歳から島唄を始めたきっか…

  6. ダンスで楽しく国際交流 龍郷町芦徳=CIRのローズさんが企画

  7. MBCラジオ「あまみじかん」6月1日(第411回)は…

  8. MBCラジオ「あまみじかん」5月25日(第410回)は…

  9. 世界遺産の島、未来を展望 「あまみならでは学舎」=自然観察の森の川畑さんが講話

  10. MBCラジオ「あまみじかん」5月18日(第409回)は…

  11. MBCラジオ「あまみじかん」5月11日(第408回)は…

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP