自然【特集】世界自然遺産登録を目指して

  1. 特集「世界自然遺産登録を目指して」

    奄美を世界自然遺産へ【鹿児島県】

    世界自然遺産登録を目指して鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄島北部と西表島は、世界自然遺産登録を目指しています。これらの島には、国内最大級の亜熱帯照葉樹林があり、そこにしかいない生き物(固有種)や、絶滅のおそれのある生き物…

  2. 南海日日新聞社:トクサラン、冬の森彩る 奄美大島

    トクサラン、冬の森彩る 奄美大島

    鹿児島県奄美大島の森でトクサランが咲いている。高さ25センチほどになる大型のエビネ属近縁のラン。鮮や…

  3. ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件

    ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件

    鹿児島県奄美大島で絶滅の恐れのある国の天然記念物ケナガネズミの交通事故が今年に入って急増している。…

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

イベント情報投稿フォーム

PAGE TOP