コト

球根植え、ギネス挑戦 和泊町青年団、1万6千球目指す

「花の島」として知られる鹿児島県沖永良部島の和泊町で10月18日、青年団と子どもたちが、1時間以内に球根をどれだけ植えられるか、というギネス世界記録に挑戦する。新型コロナウイルスの影響で各種行事が中止や延期となったことを受け、同町連合青年団(喜井泰貴団長)が、子どもたちの思い出づくりを目的に企画した。本番に向け26日には、青年団有志が特産のテッポウユリの球根2万球を準備し、世界記録樹立へ決意を固めた。

世界記録に挑戦するのは和泊町内の小学6年生、中学3年生と島内の高校3年生ら。これまでの記録は、2019年にイギリスで達成された1万2864球で、今回は笠石海浜公園を会場に、青年団員を含めた約150人で1万6000球達成を目指す。当日は午後3時スタート。見学は自由だが、新型コロナ対策として、マスク着用などを呼び掛けている。

連合青年団の喜井団長(30)は「『ギネス世界記録・町おこしニッポン』の一環として、多くの人の協力で世界記録に挑戦できることに感謝する。来年5月には和泊町制80周年を迎えるが、植えた球根から花が咲く時期と重なる。記念の年を世界一の花畑で迎えたい」と意気込む。

南海日日新聞〔写真〕ギネス世界記録挑戦へ向け、球根を準備する和泊町連合青年団=26日、和泊町

南海日日新聞〔写真〕ギネス世界記録挑戦へ向け、球根を準備する和泊町連合青年団=26日、和泊町


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 絶滅危惧種サガリラン、人工開花 ~国内自生地は奄美大島のみ
  2. ヨロン島リーフチェック サンゴ、回復傾向認められず
  3. MBCラジオ「あまみじかん」8月28日(第269回)は…
  4. 奄美の米どころ~秋名集落の師走
  5. 海プロ「うみぽす」与論町の里山さんグランプリ受賞! 海プロ「うみぽす」与論町の里山さんグランプリ受賞!
  6. 熱戦、一人こぎ大会 瀬戸内町、舟こぎ愛好者集う
  7. 奄美大島で海開き 今年は新型コロナ影響も
  8. あまみエフエム 龍郷町秋名 お米の収穫

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP