コト

「アースデイ奄美」開催 奄美市=フリマにワークショップ、環境問題考える

環境問題について考えるイベント「アースデイ奄美2023」(同実行委員会主催)が16日、鹿児島県奄美市名瀬の奄美文化センター一万人ひろばであった。大小約80の店舗が出展したフリーマーケットや自然素材を生かしたワークショップ、音楽ライブなど多彩なイベントがあり、多くの家族連れでにぎわった。

「地球環境のために私たちができること」をテーマに行ったアースデイ奄美の討論会=16日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤㅤ
アースデイ(4月22日)は地球環境を考える日として提唱され、世界各地でイベントが開かれている。奄美では2012年に始まり今回で11回目。

「地球環境のために私たちができること」をテーマに行ったディスカッション(討論会)では「子どもたちに何を残すのか」「未来に必要なこと」を地域住民らが討論。「地域で協力し行動していくことが大切だ」と結んだ。

牧口光彦実行委員長(61)は「天候に恵まれ、子どもたちにもイベントを楽しんでもらうことができて良かった。年に一度、地球環境を考え、自分の行動などを振り返る機会になれば」と語った。

海岸に漂着したプラスチックを活用した商品の販売やワークショップを行った奄美市の秋谷臨歌さん(36)は「作品や活動に興味を持ち、応援してくれる人と出会え楽しかった。頑張ろうと思った」と笑顔で話した。

同日午後7時からは奄美市名瀬の飲食店「マヤスコ」で、イベントで作られた灯籠の展示と音楽を楽しむ「EARTHDAY LIⅤE(アースデイライブ)」があった。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 復帰運動の聖地、駆け上がる 日本復帰70周年=奄美市メモリアル事…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」2月19日(第293回)は…
  3. 奄美の米どころ~秋名集落の師走
  4. 「親子ラジオと島唄の記録展」~和泊町歴史民俗資料館で開催中
  5. MBCラジオ「あまみじかん」9月11日(第271回)は…
  6. 空から探訪!世界自然遺産・奄美
  7. 南海日日新聞/写真:成人式の大島紬着用率が最も高かった龍郷町=3日、りゅうがく館 紬着用は24.5% 成人式、トップは龍郷町81.5%
  8. サンゴ礁保全へ情報共有 与論島=奄美群島リーフチェックサミット初…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP