コト

「奄美トレイル」全線踏破 野元さん、ゴールは与論島

奄美・沖縄の世界自然遺産登録を見据えて選定された「世界自然遺産 奄美トレイル」の全線踏破プロジェクトに挑戦した「かごしまカヤックス」代表の野元尚巳さん(62)が13日、ゴール地点の鹿児島県与論町(与論島)にあるモニュメント「ヨロン駅」に到着した。野元さんは約6週間かけて500キロ超の奄美群島のほぼ全てのコースを踏破。ゴール地点では、出迎えた地域住民や関係者ら約20人が、野元さんのチャレンジ成功を祝福した。

 奄美トレイルは、奄美群島固有の自然や文化への理解を深め、人と人との交流を通して「奄美ファン」を創出して群島全体の地域経済や産業の振興を図ろうと、鹿児島県が2016年度にコース選定を開始。今年1月までに全14エリア51コース(約550キロ)が開通した。

 全線踏破プロジェクトはトレイルの魅力発信と認知度向上が目的。コース選定にも関わった野元さんは、1月5日の喜界島を皮切りに奄美大島―加計呂麻島―徳之島―沖永良部島―与論島の計50コースを巡った。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、請、与路両島をまたぐコースは歩かなかった。

 野元さんは13日、与論島エリア全3コース(24.3キロ)のうち、Bコース(寺崎・皆田・大金久海岸)の途中からスタート。映画「めがね」のロケ地にもなったトゥマイ海岸などを通るAコース(茶花・トゥマイ海岸)も軽快に歩を進めた。

 正午ごろ、ゴールテープを切った野元さんは「素晴らしい景色の連続だった。奄美はどこの集落もきれいで地元愛を感じた」と笑顔で語った。

南海日日新聞〔写真〕奄美トレイル全線踏破プロジェクトのゴールを喜ぶ野元さん=13日、与論島

南海日日新聞〔写真〕奄美トレイル全線踏破プロジェクトのゴールを喜ぶ野元さん=13日、与論島


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 春を待つ 喜界島、リュウキュウアサギマダラが集団越冬
  2. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会 闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で
  3. 龍郷町「駅伝競走大会」開催 龍郷町「駅伝競走大会」開催
  4. 減少傾向が続くリュウキュウアユ 減少傾向続くリュウキュウアユ 奄美大島、例年下回る
  5. 【与論島レポート】幻のビーチ・百合が浜の2020年出現スケジュールと楽しみ方を教えます! 【与論島レポート】幻のビーチ・百合が浜の2020年出現スケジュー…
  6. 奄美群島4町村で学校再開
  7. 〔写真〕巣穴に餌を運ぶアカショウビン=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影 アカショウビン、子育て真っ最中 喜界島、築さんが撮影
  8. ナイトツアーの増加で野生生物への影響が懸念される三太郎峠=3月、奄美市住用町 三太郎線、利用ルール導入へ

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP