コト

「島キャン」始まる 奄美群島=学生12人が就業体験、島の魅力体感

大学生が離島で就業を体験する2023年度「島おこしインターンシップ(島キャン)」が全国で始まった。鹿児島県奄美群島には、学生12人が2週間の日程で滞在する。うち6人は、8月15~28日に奄美大島の観光宿泊施設3カ所でインターン。豊かな自然に囲まれた環境での体験を通して「島の魅力を知ることができた」と振り返った。

ネイティブシー奄美のレストランで就業体験する河上奈津希さん(左)と伏島史季さん=8月28日、龍郷町芦徳

ㅤㅤㅤ

島キャンは、カケハシスカイソリューションズ(本社東京都)が2014年に開始。離島の地方創生や交流人口の創出を目指すとともに、都会の学生たちが離島の生活文化の多様性に触れ、今後の働き方について考える機会をつくることを目的としている。

これまで延べ1142人が参加。今年は3県7島で実施し、8月から9月の期間中に計4クール約40人が参加する。

龍郷町芦徳のリゾート施設「ネイティブシー奄美」では、信州大学3年の伏島史季(あき)さん(21)と東京家政学院大学3年の河上奈津希さん(同)が就業。レストランでの接客やホテルのルーム清掃、事務作業などを体験した。

2週間のインターンを終え、伏島さんは「初めて見る奄美の生き物や植物に感動した。島は心が豊かになる瞬間が多いと感じた」と充実した時間を過ごせた様子。「また来たい」と笑顔を見せた。

母が幼少期に奄美大島で暮らしていたという河上さんは「母から話は聞いていたが来島は初めて。奄美について新しく知ることがたくさんあった」と話し、「夢は建築士。住宅の建設には接客のスキルも必要なので、今回の経験を生かしたい」と意気込んだ。

スタッフの野﨑修さん(60)は「2人とも自分から進んで仕事を見つけて頑張っていた。(就業を通して)奄美の温かみも感じてもらえたら」と話した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 麓憲吾さん 100人のメッセージ「麓憲吾さん」
  2. 訪問客はシラサギ 和泊町、陽光浴びてさらに白く
  3. MBCラジオ「あまみじかん」7月23日(第315回)は…
  4. 徳之島でスパイスチャージ!中毒者続出のスパイスカレー屋さん「MA…
  5. 世界自然遺産5地域の観光関係者が参加したシンポジウム=16日 世界自然遺産、観光振興へ連携 国内5地域がシンポジウム=豊かな魅…
  6. 奄美市・三太郎線 希少生物保護へ 10月末から通行制限
  7. 海がグリーンに染まる季節、奄美の春を告げるアオサ
  8. 藍染めに挑戦、カヌーも!~県本土の子どもたちが奄美体験

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP