奄美市

  1. 小学校の給水パイプからウナギ出現!

    鹿児島県奄美市の小学校で4日、給水用のパイプがつまり、中を調べると、ある生き物が出てきました。(職員)「よいしょ。よいしょ。あ~、出てきた。すごい。ウナギ~」パイプの中から出てきたのは、体長30センチのウナギです…

  2. オオハクチョウが2羽 奄美市住用町、春から縁起がいい

    鹿児島県奄美市住用町山間の干潟に2日、奄美では珍しいオオハクチョウが2羽飛来した。同市名瀬の写真家・…

  3. コーヒーを愛する人へ、愛をこめてコーヒーを。自家焙煎珈琲『豆と麦』

    知る人ぞ知る、いま奄美で大評判のコーヒー・ファクトリー『豆と麦』さんを取材させていただきした。…

  4. 奄美市住用町市・トビラ島

    今回の舞台は、奄美市住用町のトビラ島市(いち)集落の沖合に浮かぶこの島は、その昔、住用の…

  5. 成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験

    鹿児島県奄美市笠利町の赤木名中学校(森真里子校長)で5日、「本場奄美大島紬着付け体験授業」があった。…

  6. MBCラジオ「あまみじかん」6月27日(第209回)は…

  7. 奄美市住用町市・市崎

  8. 「見つけたら逃げて」 緑が丘小学校、ハブの生態学ぶ

  9. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町

    多様な生き物の宝庫、マングローブの森 奄美市住用町

  10. 南海日日新聞〔写真〕「おうちで博物館」に登場するヤツガシラ

    「おうちで博物館」スタート 奄美博物館がSNS配信

  11. 「アマニコ海洋クラブ」発足 奄美市 県内15番目

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP