イベント

過去最多の80チームが熱戦 奄美市名瀬小湊=舟こぎフェスティバル、1500人が来場

「第16回舟こぎフェスティバル」(奄美舟こぎ協会主催)が5月12日、鹿児島県奄美市名瀬の小湊漁港であった。奄美大島の小中高生から大人まで過去最多の計80チームが出場。観客含め約1500人(主催者発表)が会場を訪れ、熱戦を繰り広げる選手たちに声援を送った。

過去最多の80チームが熱戦を繰り広げた「第16回舟こぎフェスティバル」=5月12日、奄美市名瀬

 

奄美の伝統文化である舟こぎの普及・継承と青少年育成を目的として2009年に始まったイベント。部活動遠征費の補助も目的の一つで、小中高生の入賞チームには賞金も用意した。

レースは小学生、中学生、高校生、女子、一般の5部門で実施。往復140メートルの特設コースを迷走し観客席付近まで来るチームから、そろったかいさばきで力強く水をつかまえるチームまで見られ、会場は大いに盛り上がった。

同市名瀬の朝日中学校サッカー部保護者チームで出場した土岐みどりさん(46)は「(中学生部門の)娘と一緒に3年連続で出場。最後の年だが、いい思い出になった」と話した。

同協会の叶幸治会長(43)は「過去最多の80チームが出場し盛り上がった。子どもたちが楽しんでいる様子を見て、改めて文化継承が大事だと感じた。毎年盛り上がる大会にしていきたい」と語った。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

 

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「幻のみかん」で喜界島PR JAC=機内でキャンデー提供、素朴な…
  2. 南海日日新聞 写真:30キロ走に汗を流す西田選手(右)=2日、奄美市名瀬の古見方ロードコース エディオン陸上部が奄美大島合宿 西田美咲選手も参加
  3. 「サンゴ留学」1期生入寮 喜界町=島外の6人、研究活動も
  4. MBCラジオ「あまみじかん」12月10日(第334回)は…
  5. ウミガメの足跡観察 龍郷町でウミガメミーティング、生態や産卵状況…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」6月12日(第258回)は…
  7. 南海日日新聞〔写真〕徳之島最大の観光イベントとなっている闘牛大会 闘牛大会、初の中止決定 徳之島、新型コロナ対策で
  8. 空の「御翔印」発売開始 JAL=奄美群島5空港で異なるデザイン

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP