コト

自衛官としての決意新たに 奄美駐屯地で「二十歳の式典」

鹿児島県奄美市名瀬の陸上自衛隊奄美駐屯地で1月21日、20歳の節目を祝う「二十歳の式典」があった。同駐屯地、瀬戸内分屯地に所属し、今年度中に20歳を迎える隊員は、家族や来賓、先輩隊員に見守られながら、自衛官として精進する決意を新たにした。

陸上自衛隊奄美駐屯地、瀬戸内分屯地の新成人を祝福、激励した「二十歳の式典」=21日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤㅤ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、家族らを招待して実施したのは4年ぶり。今年度は対象隊員32人のうち、訓練等の隊員を除く19人が参加。来賓、奄美駐屯地の隊員など約450人が出席した。

長谷川健駐屯地司令(1佐)は式辞で「二十歳という若い時期に経験する苦労こそ飛躍の基盤となり、自身を成長させる絶好の機会が得られる。仲間を信じ、協力し、助け合い、切磋琢磨(せっさたくま)しながら、ともに育っていってもらいたい」とあいさつした。

来賓あいさつに続き、対象隊員が育ててくれた家族へメッセージを朗読。「自衛隊員として働くことができるのは、元気な体を授けてくれた両親のおかげ」「これから恩返しがしたい」など両親への感謝のほか、「国防に携わる一員としてこの国を守っていく」など自衛官としての決意を表明する隊員もいた。

先輩隊員を代表して、奄美警備隊本部中隊の伊藤優真3等陸曹(25)=名瀬出身=は「自分の行動に責任が取れる人間になってほしい。これからの自衛隊生活、失敗を恐れず共に頑張っていこう」と激励した。

奄美警備隊普通科中隊の末吉克己陸士長(20)=曽於郡大崎町出身=は「より良い隊員になれるよう日々精進していきたい。責任感があって、誰もが振り向く人間になるので期待してほしい」と答辞を述べた。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 目指せ!ハブマスター 奄美パーク=親子ワークショップ「ハブのいる…
  2. 地場産求めにぎわう 宇検村お魚祭り=4年ぶり開催、マグロ解体ショ…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」7月22日(第366回)は…
  4. 奄美の絶景サンセット3選!夕焼けが美しい秋を楽しもう
  5. わが家の客はクロウサギ 天城町=当部集落で撮影、写真展示
  6. 片岡愛之助さん、徳之島観光大使に ルーツの地「世界に魅力発信した…
  7. 沖永良部島の全世帯にマスク配布
  8. 〝いい音〟集めたよ 奄美市=音の自然観察会、子どもらが身近な音を…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP