コト

嶋中安穏、豊穣願う 与論十五夜踊、コロナ鎮静化も祈願

与論十五夜踊

国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」が旧暦3月15日に当たる7日、鹿児島県与論町の地主(とこぬし)神社境内で奉納された。踊り手は一番組と二番組に分かれて交互に踊り、嶋中(とうちゅう)安穏と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願。新型コロナウイルスの感染が国内外で拡大する中、今回は災いを払う意味も込めて実施した。

言い伝えによると、1561(永禄4)年の創始。当時の与論領主が3人の息子を島内、琉球、大和に派遣し、一つの芸にまとめ上げたとされる。1993年、国重文指定。現在は、旧暦3、8、10月の各15日に奉納する習わし。

今回は新型コロナウイルス感染予防策として、奉納する演目や来賓の人数を減らすなど規模を縮小して実施。関係者や観光客らが見守る中、踊り手たちは両組合同の雨乞い踊り「雨賜(あみたぼ)り」を皮切りに、二番組が「一度いふて」、一番組が「三者囃子(さんばすう)」をそれぞれ奉納し、最後は「沖泊り」で締めくくった。

南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=7日、地主神社

南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=7日、地主神社


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 奄美の民謡・シマ唄の第一人者 坪山豊さん死去
  2. 1978年:「奄美の正月」奄美民謡新春歌い初め大会 1978年:「奄美の正月」奄美民謡新春歌い初め大会
  3. ナイトツアー 冬場はナイトツアーが面白い!
  4. 先祖に感謝、「ウヤンコー」 喜界島、シマへの思い新た
  5. カワウ対策を強化 リュウキュウアユ保全、 食害を懸念
  6. 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」
  7. 泥染めや鶏飯作り体験で奄美を満喫!愛かな工房・島泊愛かな
  8. 大男伝説残る幻の滝 龍郷町、秋名川源流のトンジュウロウ

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP