コト

37人が70キロ完走 沖永良部島=うとぅるしゃマラソン、自然や住民との交流楽しむ

70キロの長距離を走る第2回沖永良部島うとぅるしゃマラソン(同実行委員会主催)は11月25日、鹿児島県知名町知名のメントマリ公園を発着点にあった。全国各地から男女46人が参加し、島の景色や住民との交流を楽しみながら自身の限界に挑んだ。37人が完走。杉下博一さん(北海道)が7時間50分39秒で最も早くゴールした。

午前6時半、応援者に笑顔で手を振りながらスタートする参加者ら=11月25日、沖永良部島・知名町

ㅤㅤㅤㅤ

2019年11月に100キロを走るプレ大会を開催。コロナ禍の影響で3年の歳月を経て22年11月に初回開催となった。主催者によると、今大会参加者の年齢層は20~70代で、9割超が島外から。ボランティアスタッフ約60人が大会運営を支えた。

島内15カ所にエイドステーション(飲食を提供する場所)が設置され、選手は各エイドに準備された手作り菓子や軽食、飲み物でエネルギーを補給。コース上の鍾乳洞やソテツジャングル、国頭フーチャなど、沖永良部島ならではの自然を体感しながらゴールを目指した。

プレ大会以来、4年ぶりに参加したという久光志保さん(48)=宮城県=は「他地域で出場した大会のコースに比べてアップダウンが少なく、きれいな景色が楽しめるのがいい。何よりエイドのもてなしが最高」と笑顔で話した。

草部邦彦実行委員長(51)は「暑さ対策として前回より氷の準備や塩分対策などレース中のサポート体制を充実させた。大きなけがなく無事に終えることができ、ほっとしている。今後はもっと島の子どもたちが参加できるような大会にしていきたい」と話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 海の豊かさを守ろう 大和村・ビーチクリーン
  2. MBCラジオ「あまみじかん」9月9日(第373回)は…
  3. サンゴ礁、良好な被度保つ 与論島茶花沖=年2回のリーフチェック
  4. 誰もが楽しめる観光地へ 与論町=おもてなし研修会、ユニバーサルツ…
  5. 夜はスロードライブを 奄美大島・徳之島=クロウサギ事故防止キャン…
  6. 西田美咲(奄美市笠利町出身)がMGC切符 女子マラソン「新たな目…
  7. 100人のメッセージ「山崎亮さん」
  8. MBCラジオ「あまみじかん」4月10日(第249回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP