ヒト

児童9人全員が「常さん」 馬根小、名前で呼び合う

全校児童が「常さん」

南海日日新聞〔写真〕馬根小学校に入学した仁之助君(中央)を囲む全員「常」姓の児童=7日、伊仙町馬根

南海日日新聞〔写真〕馬根小学校に入学した仁之助君(中央)を囲む全員「常」姓の児童=7日、伊仙町馬根

鹿児島県徳之島の伊仙町立馬根小学校(茶屋大作校長)は2020年度、全校児童9人の姓が「常」となり、学校や地域の話題になっている。一方、同校は21年度から24年度にかけて、新入学生がゼロとなる可能性があり、地域と連携して児童の確保策を協議していく方針だ。

校区の馬根、中山の両集落の区長を務める嶺津太郎さんによると、2集落は約80世帯が暮らしている。「常」「四本」「稲」の3姓が大半を占めており、常さんは20世帯。高齢化の影響で子どものいる世帯はほぼ常さんに限られるという。

19年度は6年生に常姓以外の児童が1人在籍していたが、卒業したため全員が常姓になった。茶屋校長(55)は「教員生活30年以上になるが、赴任校で児童全員が同じ名字になるのは初めて。教職員も児童を下の名前で呼び、児童と職員の距離感が近い」と話す。

伊仙町では、特認校制度や留学生制度を取り入れている小学校はない。同校によると、校区内に子育て世帯の移住がなければ、21~24年度は新入学生が不在となり、24年度には児童数も3人に減少する見込み。

同校では19年度末に同校活性化委員会を立ち上げ、児童の確保策を練ってきた。本年度は7月までに集落代表者も加えて校区の総意をまとめ、特認校制度導入や移住促進策などを町側へ要請する考えだ。

茶屋校長は「学校と地域一体となって学校存続への協議を進めるとともに、馬根小学校で学びたいと思ってもらえるような特色ある学校づくりに努めていく」と力を込めた。


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

WEBサイト「あまみじかん」

WEBサイト「あまみじかん」

投稿者の記事一覧

WEBサイト『あまみじかん』豊かな自然、独特の文化、そして温かく熱い島の人々と、島外の人々との繋がりを紡ぐ。奄美群島全体の価値と魅力を発信するサイトです。

関連記事

  1. 第8回「奄美方言島口ことわざかるた大会」
  2. 南海日日新聞〔写真〕自動撮影カメラを点検する関係者=奄美大島(奄美大島自然保護協議会提供) 自動撮影機30台設置 奄美大島、盗掘・盗採防止へ
  3. 南海日日新聞〔写真〕奄美大島で春の森を彩るフジノカンアオイ 春の森にフジノカンアオイ 奄美大島、濃紫色の花
  4. 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検! 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検!
  5. 鯨ウオッチ、通年開催へ 海洋生物研、奄美の可能性探る
  6. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目
  7. 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験! 大島養護学校高等部生、徳之島の保育園で職場体験!
  8. 南海日日新聞/写真:屋仁川を泳ぐクロガシラウミヘビ=13日、奄美市名瀬 屋仁川にウミヘビ、一時騒然 奄美市名瀬、繁華街の河川

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP