コト

一人前の職人目指す 大島紬技術専門学院=4人が2年間の課程修了

大島紬の織り技術者を育成する本場奄美大島紬技術専門学院(校長・牧雅彦本場奄美大島紬協同組合理事長)の2022年度修了式が28日、鹿児島県奄美市名瀬の市産業支援センターであった。2年間の課程を修了した4人の門出を祝い、一人一人に修了証書が手渡された。

2年間の課程で織りの技術を習得し、修了証書を受け取る同学院の修了生=28日、奄美市名瀬

22年度の修了生は奄美市名瀬の直田みどりさん(60)、寿賀るみさん(55)、有村美由紀さん(35)、龍郷町瀬留の重井香織さん(38)。同学院の累計修了生は延べ506人となった。

牧校長は式辞で「大島紬は奄美の歴史ある伝統産業。皆さんは中でも大事な織りの工程を習得された。これからも技術向上に務め、産地活性化のために役立って」と激励した。

修了生を代表して答辞を述べた重井さんは「人と人のつながりの中で、深みと繊細さがある大島紬が出来上がる。早く一人前の職人になれるよう日々努力したい」と話し、同学院の指導者や共に学んだ仲間たちに感謝を伝えた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 奄美、福岡でレトルト「鶏飯」販売 郵便局から奄美の魅力発信
  2. 東京の大学生から見た奄美とは?「研修成果報告会」 東京の大学生から見た奄美とは?「研修成果報告会」
  3. 「アッタドコネ」収穫 名瀬有良=奄美大島の伝統野菜、特大7キロも…
  4. 楽しみながら地産地消 沖永良部島=「食循環」テーマに島暮らしフォ…
  5. 南海日日新聞〔写真〕カヤックの中の巣で、すくすくと育つアカヒゲのひなたち=1日、龍郷町芦徳(城泰夫さん撮影) カヤックですくすく アカヒゲ、巣立つ 龍郷町
  6. 夜はスロードライブを 奄美大島・徳之島=クロウサギ事故防止キャン…
  7. 「子宝の島」で命育む  徳之島で勝廣光さん=双子クロウサギを撮影…
  8. 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP