コト

「アッタドコネ」収穫 名瀬有良=奄美大島の伝統野菜、特大7キロも

奄美市名瀬有良の伝統野菜「アッタドコネ(有良ダイコン)」の収穫が1月12日、同集落の畑であった。収穫したのは同市名瀬のNPO法人「奄美ティダの環」(平田暉子理事長)の会員ら。今年の特徴は「形がよく、大きい」といい、中には重さ7キロを超えるダイコンも。畑いっぱいに大きく育ったダイコンに、笑顔がこぼれた。

収穫したアッタドコネを前に笑顔を見せるNPO法人「奄美ティダの環」のメンバー=1月12日、奄美市名瀬有良

ㅤㅤㅤㅤ

県の伝統野菜や奄美市の「一集落1ブランド」に指定されている作物。戦前から同集落で広く栽培され、大切に受け継がれている。昨年9月に種をまき、約120平方メートルの畑に約300本が育った。同じ集落内でも、川の近くなど場所によって育ち方が違うといい「コッチドコネ」と呼ぶことも。

煮崩れしにくく、甘みと辛みのバランスがよいのが特徴。会員らによると「豆腐に例えると木綿と絹ごしの違い。アッタドコネはきめ細やか。定番の煮物のほか、生食、切り干し、皮をきんぴらにするなどいろいろ楽しめる」。

13日も収穫を続け、14日の午前10時から名瀬小浜町のティダ館で開く「ティダの環市」で約200本を販売。同法人の食チームが郷土料理なども出品した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 東京で「仕事と移住」相談会 奄美大島雇用創造協=今月27日、新宿…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」1月13日(第391回)は…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」9月9日(第373回)は…
  4. 日本じゃがいも王選手権初開催 沖永良部島・島リノベ=地場産活用で…
  5. 龍郷町産のコーヒー
  6. 自衛官としての決意新たに 奄美駐屯地で「二十歳の式典」
  7. 楽しみながら奄美の自然を守る
  8. カラーで親しみやすく 奄美市=新マンホールカード発行

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP