コト

勇壮!ヤッコ踊り~知名町「五月の祭典」、伝統芸能多彩に

鹿児島県知名町文化協会青年部主催の第20回「五月の祭典」が5月28日(土)夜、おきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなで開かれた。沖永良部島の芸能団体が出演。日本舞踊や島唄、伝統芸能など多彩な舞台で観客を楽しませた。

南海日日新聞〔写真〕沖永良部島内の芸能団体が多彩な演目を披露した「五月の祭典」=5月28日、あしびの郷・ちな

新型コロナウイルス感染拡大の影響で3年ぶりの開催。コロナ禍で島内の芸能団体が発表する機会が失われていたため、今回は出演団体を地元に絞り、例年続けてきた島外のゲスト出演を見合わせた。

祭典は2部構成。第1部は玉木流糸和会福田清美琉舞道場の琉球舞踊「かぎやで風」で幕開け。正名集落の男衆で組織する「正名ヤッコ踊り保存会」は笠(かさ)を手に勇壮で軽快な踊りで会場を魅了した。

第2部では同町の指定無形民俗文化財「瀬利覚の獅子舞」を披露。誘導者の囃子(はやし)に合わせ、舞台を縦横無尽に舞う獅子に、会場からは大きな拍手が送られた。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 移住者が戸惑った!徳之島のびっくり島口(方言)3選
  2. 奄美・龍郷町の星空
  3. MBCラジオ「あまみじかん」3月5日(第295回)は…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」12月30日(第389回)は…
  5. 季節外れのサクラ 奄美市名瀬、台風10号の影響か
  6. 蹴って疾走、バイクレース 大和村=国体関連イベントに幼児38人
  7. 泉芳朗、未発表作品を書籍化 奄美市の書店=復帰運動けん引、人間性…
  8. 南海日日新聞〔写真〕馬根小学校に入学した仁之助君(中央)を囲む全員「常」姓の児童=7日、伊仙町馬根 児童9人全員が「常さん」 馬根小、名前で呼び合う

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP