コト

伝えたい世界に誇る「島の宝」 宇検村=世界自然遺産1周年シンポ

奄美大島の世界自然遺産登録1周年を記念したシンポジウム(県主催)が1月22日、宇検村湯湾の村総合体育館であり、専門家と地元住民が自然の価値や魅力を語り合った。村立阿室小中学校の児童生徒らが詩と歌を発表し、「世界に誇れる島の宝を残したい、伝えたい」と未来への継承を誓った。宝塚歌劇団OGのショーなど多彩な催しがあり、村内外から約千人が来場してイベントを楽しんだ。

南海日日新聞【写真】奄美の自然の魅力を語り合ったシンポジウム=22日、宇検村

県立大島高校ダンス部が妖怪「ケンムン」を題材にしたダンスでオープニングを飾った。塩田康一知事、元山公知村長のあいさつに続いて、宝塚歌劇団OGの鳴海じゅんさん、綺華れいさんが華麗な歌と踊りで会場を魅了した。

元東京大学医科学研究所准教授の服部正策さんが基調講演し、同村と大和村に連なる奄美最高峰・湯湾岳で見られる希少な動植物を紹介し、「世界でここにしかいない生き物が多い」と強調した。

服部さんと地元住民が奄美の魅力などを語り合うトークセッションがあり、大和村出身で環境省奄美野生生物保護センター自然保護官補佐の白石大晴さんは「自然と人の暮らしが近くにあるのが魅力。未来にこのまま残していきたい」と話した。

龍郷町のエコツアーガイド中田留弘さんは「奄美の良さを守りながら伝える若いガイドを育てていきたい」、米国出身の奄美市国際交流員クレーグ・レベッカ・ローズジーンさんは「奄美の魅力を多くの人に広げたい」と抱負を述べた。

阿室小中学校教諭の岩切敏彦さんは、湯湾岳を学校の遠足などに活用することを提案。奄美の固有種やマングースバスターズの活動を取り上げた教科書や教材があることを紹介し、「素晴らしいところに住んでいることを誇りに、みんなが大切にしていこうと思うことが大事だ」と呼び掛けた。

村主催の関連イベントもあり、来場者らは昭和歌謡のステージやのど自慢大会で盛り上がり、夜空を彩る大輪の花火を楽しんだ。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 「危機言語」継承へ奮闘 奄美方言=研究者と保存会がタッグ
  2. 季節外れのサクラ 奄美市名瀬、台風10号の影響か
  3. 自然遺産地域が情報交換 奄美・沖縄連携ミーティング=持続可能な観…
  4. 8/1サプライズ花火・奄美ドキュメント
  5. ザトウクジラ(興克樹さん撮影) 「謎の歌声」を報告 ザトウクジラ講演会で小林さん
  6. 「龍の目」輝く 龍郷町、トンネル越しに夕日のショー
  7. テーマは「境界上の島」沖永良部=島嶼学会2022大会開幕
  8. オオハクチョウが飛来 2羽、優雅に水面泳ぐ 伊仙町

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP