コト

カラーで親しみやすく 奄美市=新マンホールカード発行

鹿児島県奄美市は12月15日、カラーマンホールカードの配布を開始した。同市のマンホールカードは「下水道広報プラットフォーム」が自治体と共同で発行しており、シリーズ累計で1千種を超える。奄美市としての発行は第2弾。全国各地で増えているというコレクターを対象とした観光振興や、下水道事業に対する住民の関心、理解を深めてもらうことが目的。名瀬の奄美博物館で来場者に無料配布している。

奄美市のマンホールカード。左が初回版、右が今回(カラー版)

ㅤㅤㅤㅤ

マンホールのふたは全国各地でデザインが異なる「ご当地もの」。奄美市が2018年に発行した初回版は黒一色で絵柄が目立たなかったが、今回はカラーとなり、より親しみやすくなった。

テーマは「熱帯魚とサンゴ礁の海を守る下水道」。熱帯魚は掛け算の「3×5(サンゴ)」にちなみ、15匹描かれているという。色付きは歩道用。20年以降に設置され、名瀬のマリンタウン地区などで見られる。

カードは約2千枚を用意。郵送などには対応しないため、入手するには直接、同市名瀬の奄美博物館を訪れる必要がある。配布は1人1枚。初回版は名瀬のAiAiひろばで、今後も配布される。

市下水道課は「初回版の配布は約4分の3が群島外の人で、カードを目的に来島したコレクターもいたようだ。博物館でカラーカードを入手し、島の伝統や文化についても理解を深めてもらいたい」としている。

奄美群島では奄美市のほか、徳之島町と知名町もマンホールカードを発行している。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」5月13日(第356回)は…
  2. トレーラーハウス Le GRAND BLUE(ル・グランブルー)…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」7月16日(第314回)は…
  4. 奄美大島で美味しい秋の魚シイラ
  5. 笠利の復帰物語、冊子に 大島北高校=聞き書きサークル、「シマ(集…
  6. 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート 人を幸せにする、奄美大島ネサリチョコレート
  7. まるで外国語。いくつ知ってる?奄美の方言
  8. 球根植え、ギネス挑戦 和泊町青年団、1万6千球目指す

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP