コト

JALが七夕イベント 奄美空港=園児、歌で乗客見送り 

日本航空(JAL)は7月7日、鹿児島県奄美市笠利町の奄美空港で「七夕イベント」を開催した。赤木名小学校付属幼稚園(中島朋子園長、園児8人)の園児らが短冊に願い事を書いたほか、空港2階の出発ロビー内で童謡を歌唱。飛行機の見送りも行い、乗客らを楽しませた。

七夕飾りをバックに童謡「たなばたさま」を披露する赤木名小学校付属幼稚園の園児=7月7日、奄美空港

ㅤㅤㅤ

JALが2011年から実施する行事「JALグループの七夕祭り」の一環。奄美空港をはじめ、国内55空港と一部の海外空港で乗客が書いた短冊を集め、宮城県仙台市の「大崎八幡宮」に奉納する。奄美空港で書かれた短冊は、来週仙台市へ発送予定。

園児らは、奄美空港1階のJALの航空券販売所近くで短冊に願い事を記入。2階の出発ロビーでは、童謡「たなばたさま」「おつかいありさん」を元気よく披露した。続いて乗客らに「いってらっしゃい」と声を掛け、飛行機の駐機場に移動。手を振って飛行機を見送った。園児らは「ドキドキしたけど、上手に歌えた」などと話し、飛行機が飛び立つ前の大きな音に驚きつつも「楽しかった」と笑顔を見せていた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. ウミガメを見守る
  2. 外来植物3種を駆除 奄美市住用町、環境省と住民が協力
  3. 「奄美トレイル」全線踏破 野元さん、ゴールは与論島
  4. 休校延長、判断分かれる 新型コロナ対策、奄美の小中学校
  5. 奄美の歴史、アマチュア無線で発信 日本復帰70周年で特別局、コー…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」4月15日(第352回)は…
  7. 「徳之島モデル」の構築を!世界遺産登録1周年シンポ=地域づくりの…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」3月2日(第398回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP