コト

板付け舟、一人漕ぎ! 奄美一決定戦=力強いかいさばきに声援

瀬戸内町カヌー連盟主催の第4回「板付け舟一人漕(こ)ぎ!奄美一決定戦」が11月5日、鹿児島県瀬戸内町手安港であった。奄美大島の5市町村から舟こぎ愛好家ら47人が出場。板付舟を1人でこぎ、80メートルの直線コースでタイムを競った。会場には力強いかいさばきで舟を走らせる選手への声援が響いた。

男女47人が出場した「板付舟一人漕ぎ!奄美一決定戦」=11月5日、瀬戸内町手安

ㅤㅤㅤㅤ
大会は新型コロナウイルスの影響で、各自治体の夏祭りの舟こぎ大会が中止となったことを受け、2020年から開かれており、こぎ手とかじ取り1人ずつ舟に乗り込むのが特徴。

参加者は舟こぎが好きな島内の小学生~60代までの男女。競技には3種類のユホ(かい)が用いられ、それぞれ「古仁屋ユホ」「奄美まつりユホ」「ドラゴンボートパドル」と、「舵漕ぎ」の4部門で計104レースが行われた。舵漕ぎ部門(一般)は、瀬戸内町の川畑公一さんが49秒35で制した。

同連盟の川畑公一理事長は「島内の舟こぎのトップチームも多く参戦し、年々参加者も増えている。来年もぜひ開催し、奄美の舟こぎを盛り上げたい。選手個々のレベルアップや、チームのモチベーション向上にもつなげてほしい」と話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」1月22日(第289回)は…
  2. 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検! 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検!
  3. 奄美らしさと私たちのこれから
  4. MBCラジオ「あまみじかん」8月21日(第268回)は…
  5. 「親子ラジオと島唄の記録展」~和泊町歴史民俗資料館で開催中
  6. 「子宝の島」で命育む  徳之島で勝廣光さん=双子クロウサギを撮影…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」3月20日(第246回)は…
  8. 奄美大島は星空の宝庫!本土では見られない長寿の星を見に行こう

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP