コト

保育園児の大冒険

日本有数の広さをほこる住用町マングローブ林をゆくのは金久保育所に通う5、6歳の園児およそ20人。
水辺の生き物の観察会です。まず見つけたのはハゼの仲間、ミナミトビハゼ。沖縄ではトントンミーと呼ばれ尾びれを使ってジャンプします。

園児たちどんどん奥へ進みます。ぬかるみに足をとられながら、砂地に生息する生き物の観察。オキナワハクセンシオマネキは砂地に穴を掘って生活します。

さらにマングローブを進みます。生き物が逃げてしまわないよう静かに近づきます。水際にいるミナミコメツキガニを観察します。

(自然公園指導員 常田守さん)
「子どものうちからいろんな体験をさせていかないと、世界自然遺産って自然を守ることが最優先なんだけど、自然さえ守ればいいわけではなくて、きちんと島民に伝えていくということも大事なので。割と大人は考えが固まっているので、子どもたちに自分の故郷の多様な自然を体験させることが大事だと思って、見せるだけじゃなくて体験学習をね」

奄美大島に住んでいてもマングローブ林に行かないとなかなか見ることの少ない希少な生き物たち、多くの出会いと発見のあった観察会でした。

MBCテレビ 「かごしま4」

MBCテレビ 「かごしま4」

投稿者の記事一覧

MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

関連記事

  1. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町 多様な生き物の宝庫、マングローブの森 奄美市住用町
  2. 奄美の冬は、野鳥観察にはもってこいの季節です! 奄美の冬は、野鳥観察にはもってこいの季節です!
  3. 〔写真〕沖永良部島沖で見つかったシューヤジリチンヨウジウオの拡大写真(鹿児島大学総合研究博物館提供):写真説明「シューヤジリチンヨウジウオ」 国内初確認、シューヤジリチンヨウジウオ 沖永良部島
  4. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目
  5. 人気を集めた「島のバス停」コーナー2月23日、東京・代々木公園 東京へ「春一番」徳之島観光・物産フェアにぎわう
  6. 南海日日新聞〔写真〕カヤックの中の巣で、すくすくと育つアカヒゲのひなたち=1日、龍郷町芦徳(城泰夫さん撮影) カヤックですくすく アカヒゲ、巣立つ 龍郷町
  7. シバサシー、墓前にぎわう 先祖祭りに親族集う 喜界島
  8. 白く、かれんな花咲く 西村さん、「花の島」でゴマ栽培

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP