【特集】世界自然遺産登録

奄美・沖縄、審査は26日 世界自然遺産、県が同時配信

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は14日までに、オンラインで16日から開く世界遺産委員会での新規登録審査の詳細な日程案をホームページ上で公表した。自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」については26日に審査が行われる予定。

委員会は16~31日の日程で開かれ、審査は日本時間の午後6時半から同10時半まで行われる。新規登録分の審査は24~28日で、日程案では「奄美・沖縄」の審査を26日の1番目に予定している。ただユネスコは日程案について「暫定的」としており、議事の進行状況に応じて前後する可能性もある。

「奄美・沖縄」の審査時間に合わせて鹿児島県は、鹿児島市の県庁、奄美大島の奄美市役所、徳之島の町防災センターの3カ所に官民の関係者約50人を集めて「世界遺産登録視聴会」を開き、審査状況や登録決定の瞬間を見守る。

併せて、審査状況を手話と同時通訳付きでインターネット配信する予定。県は3会場で行う視聴会について一般の公募は行わないとしており、県民に対しては、ネットを通じて登録決定の瞬間を見届けるよう呼び掛ける予定。

 国内のユネスコの世界遺産委員会では国内の遺産候補として、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)の文化遺産登録への審査が27日に予定されている。

南海日日新聞〔写真〕奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録実現を目指し県庁前に設置された看板=14日、鹿児島市

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 台風で倒れた小学校の“シンボルツリー” 住民が復旧 鹿児島県沖永…
  2. 幻の「かくれ浜」に上陸!自然が作り出す絶景スポット
  3. 様々な生き物と出会える奄美大島 海の魅力
  4. オオハクチョウが2羽 奄美市住用町、春から縁起がいい
  5. 初のキャンドルナイト 伊仙町阿権、集落に幻想的空間
  6. 「星のソムリエ」目指す 与論町 星空ツーリズムを推進
  7. 奄美大島の固有種 「ワダツミノキ」ってどんな植物?
  8. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町 多様な生き物の宝庫、マングローブの森 奄美市住用町

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP