コト

幻想的、サンゴの一斉産卵 瀬戸内町手安沖=自然写真家の興さん撮影

鹿児島県大島郡瀬戸内町の手安沖で6月7日夜、サンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(52)=奄美市名瀬=が撮影。卵と精子の入った直径0・5ミリほどの淡いピンク色のカプセル(バンドル)が粉雪のように無数に漂い、夜の海を幻想的に彩った。

夜の海を幻想的に彩るサンゴの産卵=6月7日午後10時ごろ、瀬戸内町手安沖(興克樹さん撮影)

ㅤㅤㅤ

サンゴは初夏の満月の前後に一斉に産卵するといわれる。興さんは台風一過の6月3日から観察を始め、満月から3日目の8日に樹枝状のミドリイシ属のサンゴ5種の一斉産卵を確認した。サンゴが放出したバンドルは海面ではじけ、誕生した幼生は数日から数週間浮遊して海底にたどり着き、サンゴとして成長していく。

興さんによると、奄美大島では2000~08年にオニヒトデが大発生し多くのサンゴが失われたが、現在は全体的に回復傾向にある。また比較的海水温の低い瀬戸内町の大島海峡のサンゴは白化現象の影響を受けにくく、オニヒトデの食害が少なかった樹枝状ミドリイシの大群落が生存しているという。

興さんは「産卵ピーク時には前が見えないほどで、力強いサンゴの命の営みに感動した。サンゴの回復が遅れている海域でも多くのサンゴ幼生の定着を期待している」とコメントした。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「アースデイ奄美」開催 奄美市=フリマにワークショップ、環境問題…
  2. 民俗村・菊秀史さんが講演 与論島=全国まちづくり交流会、北海道か…
  3. 大和村で「夏休み子ども自然観察会」~夜の森散策、生き物に歓声
  4. カラーで親しみやすく 奄美市=新マンホールカード発行
  5. 過ごしやすい学校へ校則見直し 奄美も変化、制服の選択など多様性尊…
  6. 奄美のお年寄りの元気の秘訣は?デイサービスや訪問看護
  7. 鯨ウオッチ、通年開催へ 海洋生物研、奄美の可能性探る
  8. オンラインで出産・子育て支援 宇検村=ニーズに応え、取り組み強化…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP