コト

サンゴ図鑑、HPで公開 喜界島科学研究所130種紹介

鹿児島県の喜界島サンゴ礁科学研究所(喜界町、渡邊剛理事長)は8日、喜界島周辺海域に生息するサンゴの図鑑のウェブ版を作成し、ホームページで公開した。調査で確認した130種について、それぞれの特徴や種ごとの見分け方を分かりやすく紹介している。

 図鑑は喜界島のサンゴに親しみを持ってもらい、保全につなげる目的で、鹿児島大学、国立環境研究所、沖縄工業高等専門学校、宮崎大学の研究グループと共同で作成。研究者らが2020年2月、同島周辺海域で潜水調査を行い、確認したサンゴの記録をまとめた。

8日、サンゴ礁科学研究所主催のオンライン科学イベント「KIKAIカレッジ」を開講し、小学生を中心に全国から約80人が受講。調査を行った鹿児島大学国際島嶼(しょ)教育研究センターの藤井琢磨特任助教ら3人の講師が、図鑑の使い方や、サンゴの見分け方などを説明した。

図鑑の作成は、同島のサンゴ礁生態系の100年間の歴史を記録する「喜界島サンゴ図鑑100年プロジェクト」の一環。サンゴ礁科学研究所は「将来的には喜界島の全てのサンゴの種類を網羅したい」としている。

図鑑を更新するための調査費、編集費用について、25日からインターネット上のクラウドファンディングで寄付の募集を始める。期間は10月9日まで。サンゴ礁科学研究所のホームページからアクセスできる。

南海日日新聞〔写真〕喜界島のサンゴ130種を掲載し、見分け方などを分かりやすく紹介した図鑑

南海日日新聞〔写真〕喜界島のサンゴ130種を掲載し、見分け方などを分かりやすく紹介した図鑑


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. ザトウクジラ(興克樹さん撮影) 「謎の歌声」を報告 ザトウクジラ講演会で小林さん
  2. MBCラジオ「あまみじかん」7月24日(第264回)は…
  3. 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森
  4. MBCラジオ「あまみじかん」8月7日(第266回)は…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」7月10日(第262回)は…
  6. 南海日日新聞〔写真〕シマ(古里)への思いを込め、島唄を歌う朝崎郁恵さん=25日、奄美市名瀬 朝崎さん、島への思い歌う 未来へつなぐヒギャ唄の夕べ
  7. 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検! 広報誌探検隊は「徳之島町」を探検!
  8. ウミガメ産卵、今年初確認 沖永良部島、2年前上陸の個体

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP