グルメ

奄美から3品入賞 かごしまの新特産品コン=食品と飲料・工芸・生活用具の3部門、鹿児島市で審査・表彰式

鹿児島県内で新たに開発・改良された特産品を審査する「2023かごしまの新特産品コンクール」が10月2日、鹿児島市のホテルであった。出品された全108品の中から、奄美関係では食品部門で松永酒造場(伊仙町)の飲料商品「マルシカ徳之島産無農薬シークニンリキュール」が県貿易協会会長賞に輝き、工芸・生活用品部門ではSONTAR GARDEN(喜界町)の精油「SHIMAROMA(4種セット)」が県観光連盟会長賞、沖永良部芭蕉布協議会(知名町)の「奄美の芭蕉布 京扇子仕立」が奨励賞にそれぞれ選ばれた。

県貿易協会会長賞に輝いた松永酒造場の「マルシカ徳之島産無農薬シークニンリキュール」

ㅤㅤㅤ

同コンクールは多様化する消費者ニーズに対応した商品づくりの促進などを目的に、県と鹿児島市、県特産品協会が実行委員会を組織して毎年開催。今年は食品部門に77品、工芸・生活用品部門に31品の応募があり、奄美からも7事業所が出品した。各部門計14人の審査員が地域特性や創意工夫、技術力などを基準に審査したほか、県内外からバイヤー約70人も訪れ、内覧も行われた。

審査後に表彰式があり、松永酒造場の代表取締役で杜氏(とうじ)の松永晶子さん(54)は「うれしい以外に言葉がない。島外で認知度を高めるにはまだまだハードルが高いのが現状。受賞を機に徳之島、黒糖焼酎のPRにさらに力を入れていきたい」と笑顔。

県観光連盟会長賞に輝いたSONTAR GARDENの「SHIMAROMA(4種セット)」

ㅤㅤㅤㅤㅤ

SONTAR GARDENの園田綾乃さん(36)は「循環型の農業をしながら加工品開発にも取り組んでいる。喜界島にはたくさんの素晴らしい素材があるということを、私たちが開発した商品を通して多くの人に知ってほしい」と語った。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」12月9日(第386回)は…
  2. 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森
  3. 休校中の薩川中、人気スポットに 瀬戸内町加計呂麻島=島民交流、グ…
  4. 成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験
  5. 奄美市「紬の日」イベント中止 市職員が有志で魅力PR
  6. 絶滅危惧種・ミゾゴイ飛来 沖永良部島、成鳥と幼鳥
  7. 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」 元ちとせさん「私の奄美大島・AMAMI」
  8. 鍾乳洞の魅力に触れる 徳之島のいろは講座=島内3カ所、親子連れ3…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP