伝統行事

餅の花咲くナリムチ 奄美大島=家内安全、コロナ収束願う

14日は五穀豊穣や家内安全を願う「ナリムチ」。色とりどりの餅をブブ木(リュウキュウエノキ)に飾り付け、仏前や床の間、墓前などに置く。15日の小正月を前に鹿児島県奄美大島北部や徳之島などで見られる新春の風物詩。新型コロナウイルスの感染が急拡大している奄美市では、一日も早い感染収束を願いナリムチを買い求める人の姿が見られた。

奄美市名瀬の中原商店では、特設売り場に白や赤、黄、緑の餅を飾り付けたナリムチがずらりと並び、色鮮やかな餅の花が咲いていた。来店客らは「新型コロナに負けないようにナリムチを飾って家の中を明るくしたい」「商売が繁盛するように店に飾る」などと話し、次々と買い求めていた。

店主の中原一成さん(69)は「今年はコロナの影響で冬休みが延びたこともあり、家で親子でナリムチを作ろうとブブ木と餅を別々に買う人がいつもより多い」と話していた。

南海日日新聞〔写真〕色鮮やかな餅花が咲いたナリムチ=12日、奄美市名瀬

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 奄美の民謡・シマ唄の第一人者 坪山豊さん死去
  2. 奄美各地で「サンガツサンチ」
  3. 1968年:伝統の夏祭り「奄美まつり」 1968年:伝統の夏祭り「奄美まつり」
  4. 「トゥンガモーキャ」元気よく 与論島=十五夜の伝統行事、子どもた…
  5. 奄美の海開きが行われる「サンガツサンチ」!赤ちゃんの健康を祈る伝…
  6. ススキで頭なで「フデーリ」、喜界町塩道で子どもの成長願いシチャミ…
  7. 1976年:五穀豊穣を祈願する「ショチョガマ」 1976年:五穀豊穣を祈願する「ショチョガマ」
  8. 嶋中安穏祈り「与論十五夜踊」地主神社で奉納

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP