伝統・文化

躍動感あふれる8演目 諸鈍小中=児童生徒が「シバヤ」発表会

旧暦の9月9日(クガツクンチ)に当たる10月4日、瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍小中学校(赤池夏樹校長、児童生徒22人)体育館で、国の重要無形文化財「諸鈍シバヤ」の発表会があった。地域住民や保護者らが見守る中、児童生徒と職員らが紙面(カビディラ)を着けた姿で登場し、計8演目を披露。躍動感あふれる堂々とした舞いで観客を魅了した。

南海日日新聞【写真】「キンコウ節」披露する児童生徒=4日、諸鈍小中学校

諸鈍シバヤは壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人が広めたという伝承があり、諸鈍集落の大屯(おおちょん)神社で毎年旧暦9月9日に奉納される。出演者は全員男性。かつては20種類ほどあったとされる演目のうち、現在11種類が継承されている。

新型コロナウイルスの影響により同神社での奉納が3年連続で中止になったことを受け、同校は児童生徒らが地域の伝統芸能に触れる機会を設けようと発表会を企画。諸鈍シバヤ保存会(吉川久也会長)の指導の下、児童生徒らは約1週間猛特訓を重ね、各演目の踊りを学んだ。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 与論十五夜踊、力合わせて大綱作り
  2. 知名町「しまむに教室」開講~今年度も伝承、記録者育成
  3. 新鮮な海の幸に行列 天城町、お魚祭りにぎわう
  4. 南海日日新聞〔写真〕男女が向き合って唄掛けと手踊りを楽しんだ旧正月の伝統行事「節田マンカイ」=25日、奄美市笠利町節田 旧正月祝い、節田マンカイ 男女が唄掛け、手踊り
  5. 南海日日新聞〔写真〕毎年熱戦を繰り広げる奄美まつりの舟こぎ競争=2019年8月、奄美市名瀬 夏祭り中止 奄美大島5市町村、感染拡大防止を優先
  6. 島むにの多様性伝える ~沖永良部の方言絵本「塩一升の運」を出版
  7. 勇壮!ヤッコ踊り~知名町「五月の祭典」、伝統芸能多彩に
  8. 1967年:鹿児島のものづくり「大島紬」 1967年:鹿児島のものづくり「大島紬」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP