グルメ

奄美大島で美味しい秋の魚シイラ

島では「ピーっちばヒュー」という言葉があります。
10月頃、サシバが渡って来て「ピーッ」という鳴き声が聞こえると、方言名「ヒュー」のシイラもやってくるという諺(ことわざ)です。港でシイラ釣りをする釣り人の姿は、奄美の秋の風物詩。今回は旬の魚シイラについてご紹介します。

シイラは世界中の暖かい海にいる大型肉食魚です。体調は2メートル、40キロを超すものもいるとか。1番の特徴は大きく張り出したおでこ。このおでこは一人前の雄シイラの証だそうです。体の色はきれいな青緑や黄色で黒い斑点があります。
臭みのない白身で、骨が少ないため、いろんな食べ方ができると人気のある魚です。奄美大島ではこの時期、脂がのって美味しくなるのだそうです。

さて、連日シイラが大漁だという大和村名音の漁師・勝山さんに伺いました。
シイラは港近くまで回遊して来るので、集落のすぐ沖で船を走らせながらルアーや秘密の仕掛けで釣るのだとか。シイラは釣り上げると船の上で大暴れして、針が外れて飛んできて刺さることもあるそうですが、2時間ほどでなんと200キロ以上も釣り上げたことがあるそうです!

今日も大きなシイラが巨大クーラーボックスからどんどん出てきます。見事な包丁さばきで、あっという間に美しい切り身になりました。ラッキーなことに、新鮮なうちにしか食べられないというシイラのお刺身をいただきました。食べてみると……ブリのような、カンパチのような旨味。それでいて優しい甘みがあってとっても美味しかったです。

漁師さんおすすめのメニューは、アラ汁、フライ、天ぷら、唐揚げ、煮付け、南蛮漬け、ムニエル、クリームシチューということでした。本当に様々な料理に利用できるんですね。

切り身をいただいたので、帰ってからさっそくアラ汁を作ってみました。
お湯が沸騰してからアラを入れて弱火でグツグツ。決して沸騰させてはいけません。この日は大根やネギを入れました。味は、良い出汁が出ていて、アラについた身も柔らかく、体が温まりました。

次に、シイラフライ。
切り身に、塩胡椒、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて弱めの油でカラッと揚げました。
これは衣がサクサクして、シイラの身が柔らかくて、本当に美味しかったです! 家族にも大好評。冷めても柔らかいのでお弁当に入れてもいいし、お年寄りにも人気だそうです。

スーパーでもよく見かけるシイラ。せっかくなら奄美大島に釣りたてを食べにきてみませんか。ちなみに勝山さんの釣ったシイラは「大和まほろば館」で販売しています。

大和まほろば館
所在地:〒894-3106 鹿児島県大島郡大和村大棚49
営業時間:9:00-17:00(不定休、12月29日~1月3日)
※毎週水曜は機械メンテナンスの為、13:30までお休み
大和まほろば館:https://www.vill.yamato.lg.jp/kikaku/shisetsu/kankoannaijo/002.html
Facebook:https://www.facebook.com/mahorobakan/
Instagram:https://www.instagram.com/amami_mahorobakan/

㈱しーま 編集部ライター 三田もも子

投稿者の記事一覧

新潟県十日町市生まれ。地方紙記者、農業、バックパッカーなどを経て、旅行雑誌や旅ガイドシリーズの編集に携わる。
同時に、野外フェスの企画運営や、NPO法人で海外教育支援、震災復興支援を行う。2016年4月から奄美大島に移住。
奄美の文化を紹介する「ワンダーアマミ」を定期発刊。ブラジリアン柔術と秋田犬が好き。

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」7月16日(第314回)は…
  2. 勇壮!ヤッコ踊り~知名町「五月の祭典」、伝統芸能多彩に
  3. 大島紬好きを増やしたい 歴代紬美人が「華つむぎ会」 大島紬好きを増やしたい 歴代紬美人が「華つむぎ会」
  4. 「筋肉弁当」大人気 瀬戸内町、マッチョな若大将が調理
  5. 夏季限定の味覚を堪能!爽やかなすももかき氷を大和村の絶景の中で♪…
  6. 開店!奄美高校レストラン
  7. コーヒーを愛する人へ、愛をこめてコーヒーを。自家焙煎珈琲『豆と麦…
  8. 沖永良部島 ”島立ち”の春

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP