コト

4年ぶり、灯籠に明かり 奄美市・高千穂神社=「六月灯」開催

鹿児島県奄美市名瀬井根町の高千穂神社で7月29日夜、夏の風物詩「六月灯」が始まった。新型コロナウイルスの影響で、灯籠を表参道に並べるのは4年ぶり。約200基の灯籠に明かりがともり、幻想的な雰囲気に包まれる中、大勢の参拝者らが訪れ、無病息災などを祈った。

多くの参拝者らが行き交う参道=7月29日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤ

六月灯は旧暦6月に南九州地方で行われる祭礼行事。同神社では、戦争で祭りが途絶えた時期もあったが、日本復帰以降、毎年7月の最後の週末に執り行われている。

當郷裕之宮司(55)は「祭りには『地域のよりどころ』という役目も担う。コロナ禍で自粛が続き、希薄化する地域の絆が、例祭を通して深まることを願う」と話した。

境内の特設ステージでは奉納演芸があり、日舞や島唄などが披露された。また、鳥居近くには露店が並び、久しぶりに夏の活気が漂った。

初めて浴衣を着付けてもらい、家族3人で参拝に訪れた岡﨑詠万ちゃん(5)=同市=は「久しぶりの祭りで楽しい。神様には『お母さんが看護師になれますように』ってお祈りした」と笑顔を見せた。
7月30日は午後7時から奉納演芸などが行われた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」10月16日(第276回)は…
  2. 【与論島ランチ】地元でうわさのボリューミーカフェ「ミジラシャン」 【与論島ランチ】地元でうわさのボリューミーカフェ「ミジラシャン」…
  3. 「アキムチ」復活 伊仙町阿権、ハロウィーン仮装も
  4. 全国の仲間と「交流新聞」制作 かごしま総文祭=大島高校生2人、取…
  5. デイゴの成分、製品化へ 奄美大島でサミット、保全通じて地域活性化…
  6. 大島ナイン、聖地へ出発 奄美空港=航空3社が激励会
  7. 特産品使い「ご当〝ちな〟グランプリ」も 知名町産業フェア=謎解き…
  8. 西郷どんと力くらべ!西郷隆盛謫居跡で徳之島の歴史を紐解く

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP