投稿者の記事一覧

㈱しーま 編集部ライター 三田もも子

新潟県十日町市生まれ。地方紙記者、農業、バックパッカーなどを経て、旅行雑誌や旅ガイドシリーズの編集に携わる。
同時に、野外フェスの企画運営や、NPO法人で海外教育支援、震災復興支援を行う。2016年4月から奄美大島に移住。
奄美の文化を紹介する「ワンダーアマミ」を定期発刊。ブラジリアン柔術と秋田犬が好き。

  1. スイーツが熱い! 多様な個性が混じり合う直売所「うけん市場」

    私は宇検村に行く機会があったら、「うけん市場」に寄ってスイーツを買って外のテーブルで食べることと、旬の果物や野菜を買うことを楽しみにしています。人によってはそれが焼内湾で獲れた魚介類だったり、宇検村産の卵だったり、かわいい小物だったりす…

  2. 素晴らしき「高倉」の造りとその魅力

    奄美大島を巡っていると、時々高倉を見かけます。高倉は、奄美や沖縄で造られてきた高床式倉庫です。かつて…

  3. 漁師さんに聞いた、おいしい伊勢海老の獲り方

    高級食材の伊勢海老。お刺身、ボイル、お味噌汁ととっても美味しいですよね。奄美では産卵期を除いた8月2…

  4. 亀じゃない、貝でもない! 謎のカメノテを食べてみる

    奄美では梅雨が明けると一気に夏の雰囲気になり、海がとっても美しく輝いています。気温も上昇するので海で…

  5. 産地からレポート! 美味しい可愛い奄美のすもも

    奄美の初夏の風物詩といっても過言ではないすもも。私は、奄美大島の大和村に住んでいるのですが、…

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP