投稿者の記事一覧

㈱しーま 編集部ライター 三田もも子

新潟県十日町市生まれ。地方紙記者、農業、バックパッカーなどを経て、旅行雑誌や旅ガイドシリーズの編集に携わる。
同時に、野外フェスの企画運営や、NPO法人で海外教育支援、震災復興支援を行う。2016年4月から奄美大島に移住。
奄美の文化を紹介する「ワンダーアマミ」を定期発刊。ブラジリアン柔術と秋田犬が好き。

  1. 「染物工房&ギャラリー ミドリヤ」~ゼロウェイストを目指すパンクでサイケデリックな染物屋

    世界に誇る大島紬の一大産地である奄美大島は、島内各地に染物工房が点在しています。染物が身近な奄美大島において、新進気鋭の染物工房&ギャラリーができました。環境負荷がないゼロウェイストを目指して、井村聡子さんが染物を、大島紬の織子でも…

  2. 観光客にも人気! みんなの拠り所「味の郷かさり」

    私は旅行や出張で、島から出るために空港に向かっている途中、「奄美のお土産を買うのを忘れていた!」と思…

  3. 陸地からホエールウォッチング! 嶺山公園をおすすめする理由

    冬になると奄美の海にはクジラがやってきます。そのため、この時期は船によるホエールウォッチングが人気の…

  4. 湯湾岳の登り方と守って欲しいこと

    奄美最高峰の湯湾岳(ゆわんだけ)は、標高694.4メートル。大和村と宇検村の間に位置し、亜熱帯の植物…

  5. 世界自然遺産の山々の麓で賑わう「三太郎の里」

    2021年に奄美大島の中南部の山地は世界自然遺産に登録されました。奄美市住用町の豊かな山々も登録エリ…

  6. 奄美大島で美味しい秋の魚シイラ

  7. スイーツが熱い! 多様な個性が混じり合う直売所「うけん市場」

  8. 素晴らしき「高倉」の造りとその魅力

  9. 漁師さんに聞いた、おいしい伊勢海老の獲り方

  10. 亀じゃない、貝でもない! 謎のカメノテを食べてみる

  11. 産地からレポート! 美味しい可愛い奄美のすもも

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP