コト

奄美温泉、19日オープンへ 大和村=大和ハナハナビーチリゾート、観光振興の起爆剤に

鹿児島県奄美大島・大和村大棚(おおだな)で整備が進む天然温泉を目玉とした観光施設「奄美温泉大和ハナハナビーチリゾート」の竣工(しゅんこう)披露会が11日、現地であった。島内の自治体関係者や来賓ら100人以上が出席。奄美の自然に溶け込み、その魅力を体感できる新しい観光施設の始動に期待を寄せた。

施設はグレイ美術(本社東京、浜崎哲義代表取締役社長)が、2019年に所有敷地内で行った地質調査で温泉が出る可能性を確認し、20年10月に大和村と立地協定を締結し整備。

21年3月に温泉掘削工事を始め、同年9月に地下約1600メートル地点で温泉を掘り当てた。泉温は40・2度で、泉質は弱アルカリ性単純温泉。23年3月に着工し、園内全体の敷地面積は約37000坪。総事業費は10億円超。

整備に当たり村は、施設従業員の宿舎として大和浜の埋立地に政策住宅を建設した。家賃のうち月額2万7千円を補助する。

式典で同村大和浜出身の浜崎社長は「この素晴らしい奄美の自然を味方にして、新しい観光の在り方をやっていかなければならない。ありのままの自然を(利用者に)感じさせることが私たちの仕事だと思っている」などと思いを語った。

伊集院幼村長は「この施設が大島本島の観光振興の起爆剤になると思っている。民間企業の皆さんとしっかり連携を図りながら、奄美の振興発展に取り組んでいきたい」とあいさつした。

11日はインフィニティ露天風呂(温泉の縁が見えず、海と一体化したような景色を楽しめる風呂)やアウトドアサウナを備えた温泉棟、開放感のある屋上バー付きのレストラン棟、ウォータースライダー付き屋外プールなどが公開された。

12日には観光関係者向けの内覧会を行い、13日から村民に公開する予定。グランドオープンは19日。今月末からトレーラーハウス宿泊施設の予約受け付けも開始する。

奄美温泉大和ハナハナビーチリゾートの竣工披露会で鏡開きする関係者=11日、大和村

 

東シナ海を臨むインフィニティ露天風呂=11日、大和村

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 自然遺産地域が情報交換 奄美・沖縄連携ミーティング=持続可能な観…
  2. 奄美、福岡でレトルト「鶏飯」販売 郵便局から奄美の魅力発信
  3. この時期のみどころ 龍郷町「奄美自然観察の森」
  4. 島を支えた「命のソテツ」 郷土料理家の泉さんが講演=豊富な栄養、…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」10月23日(第277回)は…
  6. ヒガンザクラとストリートピアノ
  7. 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森 落ち葉の間からギンリョウソウ 奄美大島、春の森
  8. フナンギョの滝ウオーク、4年ぶり 住用町川内集落=景観楽しみ、5…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP