コト

目指せ!ハブマスター 奄美パーク=親子ワークショップ「ハブのいるくらし」

鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークで8月28日、親子向けのサマーワークショップ「ハブのいるくらし」があった。講師は同市笠利町の原ハブ屋で製造を担当する原拓哉さん(39)。小学生と保護者ら約30人が参加した。「ハブマスター」を目指し、クイズやカードゲーム大会を通して楽しくハブの生態について学んだ。

南海日日新聞【写真】原ハブ屋オリジナルカードゲーム「ハブ拳」に白熱する子どもたち=8月28日、奄美パーク

ワークショップではまず、原ハブ屋が制作したハブに関する動画を視聴。動画内容を振り返るクイズもあり、参加者らはハブの毒の役割や熱を感知する器官、遭遇した場合の対処法などについて理解を深めた。

後半は同店オリジナルのカードゲームを体験。ハブの攻撃をかわすカードで競う「ハブ拳」では、子どもたちが持ち札を駆使し、ハブから身を守るためのさまざまな必殺技を繰り出して戦った。

児童たちは「楽しかった。勝ててうれしい」「ハブの毒が唾液のような働きをすることを初めて知り面白かった」と感想を話した。

原さんは「ハブに対してどのように気を付けるかを小さいうちから知ることが大切。カードゲームなどで楽しく学んで、実生活に生かしてくれれば」と語った。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 魚にサンゴにウミガメ…大島海峡のパラダイスをヨットで楽しもう!
  2. MBCラジオ「あまみじかん」1月28日(第341回)は…
  3. 南海日日新聞:写真:大島紬の魅力などを発信する「大島紬アンバサダー」の発足式に参加した会員ら=11日、龍郷町 大島紬アンバサダーが発足 魅力、ライフスタイル発信へ
  4. じいちゃんとまさきち君の世界遺産焼酎
  5. 島唄、世界に知ってもらいたい 成瀬さん(龍郷町出身)、ポルトガル…
  6. 白く、かれんな花咲く 西村さん、「花の島」でゴマ栽培
  7. 100人のメッセージ「キンボシ西田淳裕さん」
  8. 南海日日新聞〔写真〕墓前で酒席を囲む人々=16日、知名町田皆 先祖と共に新年祝う 沖永良部島、親族集い墓正月

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP