コト

「新しい時代築く力に」 奄美市=記念式典に1千人、日本復帰70周年盛大に祝う

鹿児島県奄美群島の日本復帰70周年を祝う記念式典が11月11日、奄美市名瀬の奄美川商ホール(奄美文化センター)であった。群島内外から約1000人が出席。先人たちが無血・非暴力で成し遂げた復帰運動の歴史と思いを受け継ぎ、郷土奄美のさらなる振興へ決意を新たにした。

式典前の歓迎アトラクションで復帰を祝う歌「朝はあけたり」を合唱する名瀬市民合唱団と奄美市少年少女合唱団   =11月11日、奄美市名瀬

ㅤㅤㅤㅤ

式典は奄美12市町村で構成する復帰70周年記念事業実行委(実行委員長・安田壮平奄美市長)が主催。復帰運動の歴史を後世に引き継ぐとともに、奄美の自立的発展に向けた群島民の機運醸成を目的に開いた。

式辞で安田実行委員長は「70年の節目を機に、私たちは日本復帰を果たされた先人たちの思いをしっかりと受け止め、次世代に語り継ぐとともに、復帰運動を成し遂げた行動力、団結力、結いの精神、負けるもんかというスットゴレ精神などに改めて学ぶことで、奄美群島の新しい時代を築いていく力としたい」と述べた。

斉藤鉄夫国交相は「日本復帰に向けて諦めず、粘り強く活動された島民の皆さんの努力に心から敬意を表する」と祝辞。2023年度末に期限切れを迎える奄美群島振興開発特別措置法の延長と内容の拡充にも意欲を示した。

朝日健太郎環境政務官、森山裕衆院議員、塩田康一知事、松里保廣県議会議長も祝辞を述べた。

式典後のアトラクションでは、各島の語り部たちが戦争や復帰運動について語る約12分間の動画が流れ、語り部から当時の様子を聞き取りした各島の中高校生6人が登壇し、意見発表した。

式典の前後には、元ちとせんさんら奄美出身・在住アーティストと、地元の子どもたちが歌や踊りなどのパフォーマンスを披露した。最後は六調で会場全体が一体となり、にぎやかに締めくくった。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」8月26日(第371回)は…
  2. 夜桜とうたげを満喫 徳之島町=母間さくら祭り、10日までライトア…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」5月13日(第356回)は…
  4. 集落巡り、歴史・文化景観知る 奄美博物館講座=笠利町宇宿・城間で…
  5. 龍郷町 スイミングスポーツ少年団「初泳ぎ!」
  6. 100人のメッセージ「中村瑞希さん」
  7. 「汀の群島」発行 ハモニカ横丁東京、奄美の闇市を特集
  8. 100人のメッセージ「石川直樹さん」#9 100人のメッセージ「石川直樹さん」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP