【特集】世界自然遺産登録

湾岳登山ルール試行 奄美大島=世界遺産の森、保全と利用両立へ

希少な動植物が多く、世界自然遺産の主要エリアとなっている奄美大島の湯湾岳(鹿児島県大和村・宇検村)で11月25日、一部区域への立ち入り規制などを盛り込んだ利用ルールの試行が始まった。同日は環境省が山頂近くの広場に整備していた展望台が完成し、関係者らにお披露目された。同省は「貴重な自然環境の保全を前提に、持続可能な利用の推進を図る」として、登山者に協力を呼び掛けている。

南海日日新聞【写真】少人数利用とガイドの同行を推奨している湯湾岳の宇検村側登山道=25日、奄美大島

湯湾岳は奄美最高峰の標高694・4メートル。亜熱帯照葉樹の森にアマミノクロウサギなど希少種、固有種を含め多様な動植物が生息・生育している。奄美大島を開祖した二神が降り立ったといわれる霊峰で、参拝に訪れる登山者も多い。

利用ルールは世界自然遺産登録に伴う登山者の増加を見据えて、専門家や地元関係者らの意見を踏まえて環境省、林野庁、県、大和、宇検両村が策定した。

山頂付近と、展望台が整備された祠(ほこら)や石碑がある広場へ続く登山道2ルート、登山口にある公園など〔保全ゾーン〕・〔準保全ゾーン〕・〔自然体験ゾーン〕の3エリアに区分し、それぞれ利用方針を定めた。

〔保全ゾーン〕は、山頂から展望台がある広場に続く約250メートルの山道。厳正に保護するため立ち入りを原則禁止する。
〔準保全ゾーン〕は、宇検村側の登山道約1・6キロ。環境負荷を軽減するため、利用は1グループ8人程度以下の少人数とし、ガイドの同行を推奨する。
〔自然体験ゾーン〕は、宇検村側の登山口のある湯湾岳公園周辺と、展望台の広場まで木道が整備された大和村側の登山道約370メートル。誰でも自由に利用できる。

湯湾岳周辺は奄美群島国立公園の特別保護地区に指定されており、全ての動植物の捕獲、採取が禁止されている。ルールでは他に▽外来種の持ち込み▽植物の踏み荒らしや樹木の伐採▽歩道や広場以外への立ち入り―などを禁止した。

関係者の合意に基づく地域の自主ルールで、法的強制力はない。

同省奄美群島国立公園管理事務所の阿部愼太郎所長は「湯湾岳は生物多様性の核となる場所。神聖な場所として信仰の対象になっている。きちんと保護しながら利用していく必要がある」と述べた。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. ハマサンゴ産卵 知名町・東さんが撮影 ミドリイシも
  2. 「山の日」、ひっそり、涼しげに咲く 奄美大島
  3. 「ディ!スカッション」 シマの宝を守り、語り、つなごう!
  4. 自然遺産の森を散策 徳之島=「世界の宝」実感、次世代へ
  5. 〝白足袋〟クロウサギ現る!奄美大島で福壽さんが撮影
  6. 「幻の桜」開花 龍郷町=ナーノの古木、春の訪れ告げる
  7. カムィヤキの森再整備へ 徳之島虹の会、エコツアーも
  8. 奄美の冬は、野鳥観察にはもってこいの季節です! 奄美の冬は、野鳥観察にはもってこいの季節です!

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP