龍郷町

  1. 夜の森に幻想的な光 奄美大島、シイノトモシビダケ出現

    スダジイなどが茂る鹿児島県龍郷町(奄美大島)の奄美自然観察の森で、光るキノコの一種「シイノトモシビダケ」が姿を見せ始めた。森の闇にほのかな緑色の光を放ち、幻想的な世界が広がっている。同地では6月ごろまで観察できる。シイノトモシビダケ…

  2. たつごうサイクルプロジェクト

    「E-バイク」ってご存じですか?「E-バイク」とはスポーツタイプの電動アシスト付き自…

  3. 大男伝説残る幻の滝 龍郷町、秋名川源流のトンジュウロウ

    鹿児島県奄美大島の龍郷町秋名を流れる秋名川の上流に「トンジュウロウの滝」と呼ばれる滝がある。尾根から…

  4. 「ピンクの滝」出現 龍郷町大勝、ヒカンザクラが満開

    鹿児島県奄美大島でヒカンザクラが満開期を迎えた。龍郷町大勝では、集落裏の山の中腹から頂上にかけ、約5…

  5. 有良集落の伝統野菜、アッタドコネ(有良ダイコン)

    うがみんしょーらん!ライターのとらおです。奄美市の一集落1ブランドに認定されている「アッタド…

  6. 1月に開花するサクラ「ヒカンザクラ」とは?

  7. 新しいアウトドア「チェアリング」で、密を避けて気軽に楽しもう!

  8. 奄美で生き続ける「西郷犬」(龍郷町)(1982)

  9. 龍郷町 スイミングスポーツ少年団「初泳ぎ!」

  10. 迷鳥、カナダヅル飛来 奄美大島、「温かく見守って」

  11. 南の島の小さな博物館 龍の郷

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP