コト

海の安全、サーファーが守る 奄美大島=レスキュー講習会、サーフボード活用

奄美サーフィン連盟(長博文会長)は31日、鹿児島県龍郷町のビラビーチでレスキュー講習会を開いた。奄美ウォーターパトロールZENOの武照幸代表ら、ライフセーバー資格者3人を講師に招き、地元サーファー17人がサーフボードを使った救助法を学んだ。

奄美ではサーフィンを目的とした観光客が増え、事故やけがなども増加傾向。講習会は、これらを未然に防ぐとともに、もしもの場面に遭遇した際、早急に対処できるサーファーを増やしていこうと初開催した。

講師はまず、海に入る前にあらゆるリスクを想定して対処法を考えておくことや、使用する道具に故障がないか入念に確認しておくことの重要性を説明。その後は参加者も実際に海に入り、ボードレスキューや波打ち際から砂浜への引き上げ方など要救助者の意識の有無に応じた救助法を学んだ。

受講した龍郷町の白倉知加子さん(45)は「意識のない脱力した人の重さが想定外で驚いた。波があるとなかなか思い通りにボードの中心に乗せることができない。パニックにならないように環境や気候など状況を事前に知っておく必要がある」と話した。

講師の武さんは「地元の海を知るサーファーが自分たちの海を安全に楽しく遊ぶためには、自分自身の技術の向上が必要。きょうがその第一歩になれば」。

奄美サーフィン連盟の長会長は「今後は年に3、4回開催していきたいと考えている。今回は連盟の理事が参加したが、次回からは受講者の幅も広げ、奄美大島でのサーフィンの安全強化を図っていきたい」と語った。

サーフボードを使ったレスキュー法を学んだ奄美サーフィン連盟の講習会=3月31日、龍郷町

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「ウミガメミーティング」~親子連れ50人、大浜海岸で産卵跡観察
  2. 飛び出す巨体に大歓声!奄美大島沖でホエールウオッチング
  3. サシバ飛来、秋告げる 奄美大島=優雅に舞い、激しい空中戦も
  4. 沖永良部島「花の島の卒園式・花いっぱいプロジェクト」
  5. 自然の魅力・価値生かす 奄美市でシンポジウム=世界遺産の地域づく…
  6. 無人販売所・四季菜が開設 伊仙町、生産意欲向上へ
  7. 魅惑の南国フルーツ、奄美産ドラゴンフルーツ
  8. 秋深まる森に開花 奄美大島、絶滅危惧種ひっそりと

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP