イベント

ダンスで楽しく国際交流 龍郷町芦徳=CIRのローズさんが企画

ダンスと音楽を楽しむ国際交流イベントが25日、鹿児島県龍郷町芦徳(あしとく)のカフェ「BSB」であった。奄美大島在住の外国人や地域住民、観光客ら約20人が訪れ、ラテン音楽などの軽快なリズムに合わせて踊り、にぎやかに交流を広げた。

奄美市の国際交流員(CIR)、「ローズさん」ことレベッカ・ローズジーン・クレーグさん(25)がイベントを企画し初開催。ローズさんの元同僚の森・ソリ・学美さん=龍郷町芦徳=が、夫が営むカフェを会場として提供した。

イベントではダンスレッスンがあり、大学時代に学生ダンスチームに所属していたというローズさんと、奄美市の外国語指導助手(ALT)、「メグさん」ことメーガン・ペレイさん(24)の2人が講師を務めた。

参加者らはまず、2人1組になり「ルンバ」の基礎ステップを練習。ローズさんの動きをまねて優雅な舞を繰り広げた。次に「サルサ」にも挑戦。軽快な音楽に合わせて、メグさんと一緒に情熱的なラテンのリズムを楽しんだ。

東京から来島し同町に3カ月滞在している小林結子さん(59)は、「ラテン音楽が好き。こんなパーティーがあるなんて楽しい」と笑顔。

ローズさんは「人に教えるのは久しぶりだったが、皆さんとても上手に踊っていた」、森さんは「いろんな人が集まり楽しむ場をつくることができた」と喜んだ。

参加者らがダンスや音楽で親睦を深めた国際交流イベント=25日、龍郷町芦徳

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 奄美のすもも 収穫始まる
  2. MBCラジオ「あまみじかん」9月30日(第376回)は…
  3. かごしま世界文化遺産トリップ~日本近代化ヒストリー~ ホームページリニューアル かごしま世界文化遺産トリップ ~日本近代化ヒストリー~ホームペー…
  4. 第8回「奄美方言島口ことわざかるた大会」
  5. 平城学芸員が奄美の生物多様性紹介 福岡の水族館=特別展に合わせ生…
  6. 珍種「キジロオヒキグモ」、徳之島で初確認 別名は「スコーピオン・…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」1月27日(第393回)は…
  8. スパイスが効いたホットサンドとドリンクでゆるりとした時間を楽しむ…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP