コト

住民が発信、シマの日常届ける エフエムたつごう=開局10周年、地域に根差した放送局

鹿児島県龍郷町を中心に地域情報を発信するコミュニティーFM「エフエムたつごう」が5月で開局10周年を迎える。町内の行事や防災情報、個性豊かな自主制作番組などを周波数78・9メガヘルツに乗せて届ける、地域に根差したアットホームな放送局を取材した。

エフエムたつごうは、2014年5月24日に開局し、NPO法人「コミュニティらじおさぽーた」(椛山廣市理事長)が運営。町内全域に加え、奄美市笠利町や喜界島の一部で受信できる。自主制作番組や島内外のFM局から届く番組のほか、町側と連携し行政・防災情報、議会の様子も発信している。自然災害などの緊急時には町役場による防災放送に切り替わる。

5年ほど前からインターネット放送も開始。島外に暮らす出身者たちもエフエムたつごうに親しんでいるという。「奄美のほのぼの感」を発信し、聞く人たちに懐かしんでもらうことも目的の一つだ。

スタッフは局長を含む3人。パーソナリティーは約30人おり、すべて無償のボランティア。住民有志や地元ミュージシャン、地域で活動する同好会などが出演し、それぞれ自由なテーマでトークする。

椛山理事長(75)は「地元で活躍する人たちが発信の場として活用し、自分たちで番組を作り趣味のように楽しんでやってくださっている。ボランティアの方々のおかげでとても助かっている」と話す。

1日、瀬留にあるスタジオを訪れると、月~金曜日午前10時からの番組「なまらが」生放送が行われていた。番組では天気予報や町内の行事予定を伝え、新聞に掲載されている地域の出来事を紹介。この日は5月1日にちなんだ「こ(5)い(1)の日」などの話題で盛り上がり、パーソナリティーたちはジョークを交えながら和気あいあいとトークを繰り広げた。

ボランティアパーソナリティーを務める和田孝之さん(70)は「放送をしていると人生に張り合いが出て元気になる。すごく楽しい」と笑顔を見せる。

平岡正見局長(75)も元ボランティアパーソナリティー。自身が担当する毎週木曜日の番組では、地域で頑張る人たちを毎回ゲストに招いており、収録は300回近くを数える。

「自分でシナリオを書いて番組を制作する。最初は素人で簡単にはいかなかったが、街中でFMラジオの人だと気付いてもらえることもありうれしい」とやりがいを語り、10周年を機に「今後はもっと若い人にも聞いてもらえるよう、(リスナーの)裾野を広げていけたら」と意気込んだ。

身の回りのどんなに小さな情報も拾い上げる、地域密着型のコミュニティーFM。笑顔の絶えない放送局から、きょうも朗らかにシマの日常を届けている。

ボランティアパーソナリティーらが出演し地域の情報を伝えるエフエムたつごう=1日、龍郷町瀬留

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 歴史のバトン未来へ 日本復帰70年=名瀬小で集会、「断食悲願」朗…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」8月13日(第318回)は…
  3. 奄美テレビ ASKB芦花部・小さな学校の大運動会
  4. MBCラジオ「あまみじかん」10月22日(第328回)は…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」8月14日(第267回)は…
  6. 「サンゴ留学」1期生入寮 喜界町=島外の6人、研究活動も
  7. サンゴの一斉産卵始まる 奄美大島・大和村
  8. 復帰運動の聖地、駆け上がる 日本復帰70周年=奄美市メモリアル事…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP