伝統・文化

棒踊り、勇壮に舞う 喜界町荒木、2年ぶり九月十九日祭り 

鹿児島県喜界町(喜界島)の荒木集落(益田清区長、217世帯)で24日、九月十九日祭りがあった。2年ぶりに伝統の棒踊りや八月踊りが奉納され、住民たちが集落の豊作と安全を祈願した。

益田区長によると、九月十九日祭りは荒木集落で最も盛り上がる伝統行事。昨年は新型コロナウイルスの影響で神事のみ執り行ったが、住民から「祭りがないと寂しい」との声が上がり、町内の新型コロナ感染も落ち着いてきていることから、今年は感染防止対策を行い開催した。

会場の荒木ムタグラウンドには、正装した住民や出身者らが集まった。午後3時、青壮年団でつくる「荒木棒踊り団」が入場。歌に合わせて「エイエイ」と掛け声をかけながら棒を激しく打ち合う棒踊りを奉納し、観客を魅了した。この後、参加者は八月踊りの大きな輪をつくって親睦を深め、最後は六調で締めくくった。

棒踊り団代表の久保秀敏さん(57)は「荒木の伝統をつないでいこうと活動している。今年は踊りを奉納できてほっとしている」と語り仲間や周囲の人々に感謝していた。

〔写真〕勇壮な踊りを披露した棒踊り団=24日、喜界町荒木

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 島中安寧、コロナ収束願い舞う 与論十五夜踊を奉納
  2. 南海日日新聞〔写真〕毎年熱戦を繰り広げる奄美まつりの舟こぎ競争=2019年8月、奄美市名瀬 夏祭り中止 奄美大島5市町村、感染拡大防止を優先
  3. 1976年:ショチガマに続く行事「平瀬マンカイ」 1976年:ショチガマに続く行事「平瀬マンカイ」
  4. 伝統行事が2年連続中止 油井の豊年踊り、諸鈍シバヤ
  5. 1977年:奄美の伝統民具「テル」 1977年:奄美の伝統民具「テル」
  6. 響かぬチヂン、静かな秋 コロナで伝統行事軒並み中止、「本質考える…
  7. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目
  8. 「泥染め」で奄美大島の伝統技法を体験!自然の恵みを利用した天然染…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP