コト

成人式でも着てみたい 赤木名中、大島紬の着付け体験

鹿児島県奄美市笠利町の赤木名中学校(森真里子校長)で5日、「本場奄美大島紬着付け体験授業」があった。1年生30人が受講。大島紬の特色を学び、着付け体験を通して地元の伝統工芸品に理解を深めた。

授業は本場奄美大島紬産地再生協議会(牧雅彦会長)が学校の依頼を受けて実施され、講師は本場奄美大島紬協同組合青年部会(南晋吾会長)の7人が担当した。

生徒たちは男女別に分かれて受講。南会長らが大島紬について▽糸から大きな反物ができるまで多くの工程がある▽1300年ほど前から続く歴史があり、1点1点が人の手で作られている―ことなどを映像や製品を見せて説明。生徒たちは講師の手ほどきを受けながら着付けに挑戦。悪戦苦闘しながらも紬に袖を通し、着心地を体感した。

生徒たちは「紬を着たのは初めて。肌触りがよかった。名前は聞いたことがあったけど、多くの方が製作に携わっていることに感動した。成人式でも着てみたい」「約1300年という長い歴史があったことなどを知ることができた。時間があれば、いつか自分の手で織った紬を着てみたい」などと話した。

南会長は「体験授業を通じて地元の伝統工芸品を知ってもらい、少しでも成人式などで大島紬を着てくれる人が増えてくれたら」と話した。

同協議会は来月から来年1月にかけて奄美市内の3校で授業を行う予定。

南海日日新聞〔写真〕講師の手ほどきを受けながら着付けを体験する生徒ら=5日、赤木名中学校

南海日日新聞〔写真〕講師の手ほどきを受けながら着付けを体験する生徒ら=5日、赤木名中学校


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 【奄美市より】緊急事態宣言の期間延長に伴う周知・拡散のお願い 【奄美市より】緊急事態宣言の期間延長に伴う周知・拡散のお願い
  2. 沖永良部島「花の島の卒園式・花いっぱいプロジェクト」
  3. シバサシー、墓前にぎわう 先祖祭りに親族集う 喜界島
  4. 台風で倒れた小学校の“シンボルツリー” 住民が復旧 鹿児島県沖永…
  5. 大島高校吹奏楽部 「引退コンサート」
  6. MBCラジオ「あまみじかん」10月3日(第223回)は…
  7. 南海日日新聞〔写真〕カヤックの中の巣で、すくすくと育つアカヒゲのひなたち=1日、龍郷町芦徳(城泰夫さん撮影) カヤックですくすく アカヒゲ、巣立つ 龍郷町
  8. コロナに負けない!『龍郷町マスク配布』

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP