コト

集まれ!「紬ちゃん」 龍郷町=特産の大島紬とコラボ

2021年以降に生まれた「紬(つむぎ)」という名前の子どもを全国から募集し、プレゼントを贈る龍郷町の「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」が始動する。民間企業による21年の調査で女の子への命名件数が最も多かった「紬」と、伝統工芸品の織物「本場奄美大島紬」を掛けた企画。応募した先着300人に命名ボード(板)、応募した上で来庁した先着100人に商品券を贈る。募集は9月1日から。

南海日日新聞【写真】龍郷町「集まれ!『紬ちゃん』プロジェクト」で応募者先着300人に贈られる命名ボード(サンプル)

町企画観光課によると、プロジェクトは、多くの人に同町を知って訪れてもらうことで、ふるさと納税や情報発信を行う「関係人口」を増やすことが目的。事業費は、ふるさと納税を財源として約400万円を確保した。

「紬」という名前は、通信教育・出版大手のベネッセコーポレーションによる「2021年たまひよ赤ちゃんの名前ランキング」(同年1~9月の新生児対象)で、女の子への命名件数が「陽葵(ひまり)」と並んで1位となった。

プロジェクトの応募条件は、21年1月~22年8月31日生まれで「紬」1文字を「つむぎ」と読む名前の子ども。国内在住者に限り、性別は問わない。同町ホームページに掲載された専用フォームで、12月28日まで受け付ける。

プレゼントは①名前と生まれた日時、身長・体重や大島紬の「龍郷柄」を加工した木製の命名ボード(縦25㌢、横20㌢)②町内で使える1万円分商品券│の2種類。①は応募した先着300人に郵送し、②は応募した上で10月15日~23年1月31日に来庁した先着100人に手渡す。

同町の担当者は「『紬』という名前は人気が年々高まっている。ぜひ応募を機に大島紬、龍郷町との縁を感じてもらえたら」と呼び掛けている。問い合わせは電話0997(69)4512龍郷町企画観光課。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 世界自然遺産 登録後の課題は
  2. 「冬の紅葉」が見頃 奄美大島、ハゼノキ色づく
  3. 泥染めや鶏飯作り体験で奄美を満喫!愛かな工房・島泊愛かな
  4. MBCラジオ「あまみじかん」9月18日(第272回)は…
  5. 南海日日新聞〔写真〕一番組が奉納した「三者囃子」=7日、地主神社 嶋中安穏、豊穣願う 与論十五夜踊、コロナ鎮静化も祈願
  6. 100人のメッセージ「山下保博さん」#4 100人のメッセージ「山下保博さん」
  7. 奄美の絶景サンセット3選!夕焼けが美しい秋を楽しもう
  8. ウミガメ産卵、今年初確認 沖永良部島、2年前上陸の個体

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP