コト

先人の功績語り継いで 徳之島町・亀津小=日本復帰70周年で特別授業

奄美群島の日本復帰70周年を記念した特別授業が19日、鹿児島県徳之島町(徳之島)の亀津小学校(池田昌弘校長、児童361人)であった。同校のOB3人が訪れ、戦後に日本から分離されていた頃の徳之島の様子や、復帰運動に尽力した先人の功績を紹介し、「次世代に語り継いで」と呼び掛けた。

日本復帰前後に親しまれた新民謡を披露する(左から)幸野善治さん、富田良一さん、宮本陽子さん=6月19日、亀津小学校

ㅤㅤㅤ

特別授業は芸術鑑賞の時間を活用して実施。講師として徳之島町副町長の幸野善治さん、町議会議員の富田良一さん、徳之島病院看護部長の宮本陽子さんが来校して、父母や先輩たちから受け継いだ戦後から復帰までの徳之島の様子について伝えた。

幸野さんは復帰運動のリーダーだった泉芳朗氏(伊仙町出身)のほかに、亀津連合青年団長の爲山道則氏、徳和瀬青年団長の前田長英氏を功労者として紹介。歌が島民を支えてきたことも伝え、当時、親しまれた新民謡の「徳之島小唄」「農村小唄」などを歌って聞かせた。

授業のまとめで講師らは「日本復帰は奄美群島と出身者が一丸となって成し遂げた世界的にも類のない出来事。徳之島が今後も平和であり続けるためにも先人たちの苦難を後世に語り継いでいってほしい」と児童らに思いを託した。

受講した児童は「当時の人たちが自分たちの住む島のことを真剣に考えて力を合わせて行動したおかげで復帰運動が成功したことが分かった。私も大切なことは自分の頭で判断して行動に移せる大人になりたい」と感想を述べた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 37人が70キロ完走 沖永良部島=うとぅるしゃマラソン、自然や住…
  2. 保護したアオウミガメ放流 大和村=夏休みの子どもたちが見守る
  3. 満開のヒマワリでおもてなし 瀬戸内町網野子集落=住民が栽培、「黄…
  4. 未来の鉄人たちが熱戦 トライアスロンIN徳之島=5年ぶりにキッズ…
  5. 南海日日新聞〔写真〕カヤックの中の巣で、すくすくと育つアカヒゲのひなたち=1日、龍郷町芦徳(城泰夫さん撮影) カヤックですくすく アカヒゲ、巣立つ 龍郷町
  6. コクトくん年始から躍動! 奄美市公式キャラクター、今年の干支「飛…
  7. 伝統の装いでお正月 奄美市「紬の日のつどい」=商店街歩き、紬ショ…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」4月9日(第300回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP