コト

高速ネットラウンジが開所 ビジネスに対応 徳之島町

インターネットの接続サービスを手掛ける徳之島ビジョン(本社・鹿児島県伊仙町伊仙、三須久代表取締役)は2日、徳之島町亀津に高速インターネットを利用できる会員制ラウンジ「TOKUNOSHIMA VISION ラウンジ&セミナー」をオープンした。店内では国内最速規模の通信回線が利用でき、同社や徳之島3町は情報通信技術(ICT)の拠点として活用されることを期待した。

 同社は2010年に設立。徳之島3町に光ファイバー網を整備し、島民へ快適なインターネット環境を提供している。ラウンジは、島民の交流の場の提供やビジネス、観光客らの利用に対応するため開設した。

 店内は全30席。最新ノートパソコンを貸し出しており、最速で1秒当たり10ギガの通信速度でインターネットを利用できる。インターネットの講座やゲーム大会など、島民が交流できるセミナーや文化教室の開催も計画している。

 2日のオープニングセレモニーには、徳之島3町長や観光関係者など約40人が出席。徳之島ビジョンの親会社、関西ブロードバンドの宮崎耕史専務取締役は「日本最速級の通信速度を活用して、徳之島が最先端の離島になるよう頑張っていきたい」と力を込めた。

 徳之島3町長は祝辞で「ICT分野の人材育成や徳之島を高速インターネットが利用できる『光の島』として情報発信をしていただきたい」などと述べた。

 営業時間は平日が正午から午後8時、土日祝日は午前10時から午後8時。利用時間は混雑時が90分で、空いている時間は制限なし。

南海日日新聞〔写真〕高速インターネットラウンジの開所を祝う関係者=2日、徳之島町亀津

南海日日新聞〔写真〕高速インターネットラウンジの開所を祝う関係者=2日、徳之島町亀津


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 環境に優しい「たんじゅん農法」とは
  2. 年末年始に行われたイベント
  3. カワウ対策を強化 リュウキュウアユ保全、 食害を懸念
  4. 『大浜海浜公園 奄美海洋展示館』消毒などの準備を整え、再開館
  5. MBCラジオ「あまみじかん」2月6日(第240回)は…
  6. 大島ナイン、練習再開 高校野球=悔しさバネに、夏目指す
  7. ウミガメ産卵、今年初確認 沖永良部島、2年前上陸の個体
  8. 大島紬の写真が銀賞 青山良さん 欧州のコンテストで

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP