コト

満開のヒマワリでおもてなし 瀬戸内町網野子集落=住民が栽培、「黄色のじゅうたん」広がる

鹿児島県大島郡瀬戸内町網野子集落の国道58号沿いで、地区住民が育てたヒマワリ畑が満開となり、辺り一面に「黄色いじゅうたん」が広がっている。

一面に広がる満開のヒマワリ=6月27日、瀬戸内町網野子

ㅤㅤㅤ

7月2日に同町の大島海峡で行われる「2023奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会」に向け、住民が4月に種をまいた。瀬戸内町の「玄関口」となる同集落で、町の外から訪れる選手たちを明るくおもてなししたいと取り組んだ。

住民らがまいた種の総重量は38キロで、袋に標記されていた産地は、戦渦に巻き込まれているウクライナ。森幸尚区長(76)は「ヒマワリを見て平和についても思いをはせてもらえたら」と話している。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. ホエールウォッチング & スイム
  2. 珍種「キジロオヒキグモ」、徳之島で初確認 別名は「スコーピオン・…
  3. マンカイ食堂3年ぶり再開 龍郷町秋名・幾里=手作りカレーで世代間…
  4. 自動運転グリスロ始動 沖永良部島・知名町=島の交通課題解決へ
  5. MBCラジオ「あまみじかん」1月15日(第288回)は…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」6月4日(第308回)は…
  7. ハブと超接近!徳之島天城町の「ハブの館」
  8. 名瀬街の一角で、ゆったり楽しむ島カフェタイム~cafe holidayで楽しむ休日 名瀬街の一角で、ゆったり楽しむ島カフェタイム~cafe holi…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP