コト

梅雨明け、さっそく真夏日 奄美地方=降水量は平年の倍

鹿児島地方気象台は6月26日、奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より3日早く、昨年より4日遅い。全国では25日の沖縄に次いで2番目。奄美地方は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、最高気温は天城町で今年最高の31・4度を記録するなど、多くの地点で30度を超える真夏日となった。

青空の下、海岸でサーフィンを楽しむ人=6月26日、龍郷町赤尾木

ㅤㅤㅤ

奄美地方では停滞した梅雨前線の影響で19日に沖永良部島付近、20日に奄美大島中南部付近で線状降水帯が発生。記録的な大雨に見舞われ、奄美大島では土砂災害や浸水被害が相次いだ。

鹿児島地方気象台によると、梅雨入りが発表された5月18日から6月25日までの降水量(速報値)は、瀬戸内町古仁屋で992ミリ(平年480・3ミリ)、沖永良部島で770ミリ(同383・3ミリ)と平年の2倍を超えた。

各地の降水量は▽奄美市名瀬 757・5ミリ(同524・9ミリ)▽喜界島 725ミリ(同382・1ミリ)▽天城町 668・5ミリ(同429・2ミリ)▽伊仙町 631ミリ(同419・3ミリ)▽与論島 487・5ミリ(同351・9ミリ)│で、いずれも平年を上回った。

龍郷町赤尾木の東海岸では26日、強い日差しの下、サーフィンやパラグライダーを楽しむ人々の姿が見られた。24日に兵庫県から同僚と来島し、観光を楽しむ木内久恵さん(54)は「滞在中に梅雨が明けてうれしい。奄美のきれいな海を満喫できた」と笑顔で語った。
奄美地方は今後1週間、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 海辺に咲く「ハイビスカス」 オオハマボウ
  2. 集まれ!「紬ちゃん」 龍郷町=特産の大島紬とコラボ
  3. 3項目でB判定 自然遺産連絡会議・徳之島部会=ネコ対策など見直し…
  4. 奄美黒糖焼酎の可能性探る、老舗蔵元の挑戦
  5. 駆除して!食べて!活用を 知名町大山=「外来植物展」イベント
  6. 奄美でMBCアナウンサー朗読会 奄美でMBCアナウンサー朗読会
  7. 奄美の水産業がブックレットに 鹿大島嶼研=研究成果を地域に還元
  8. MBCラジオ「あまみじかん」3月26日(第298回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP