コト

ウミガメミーティング開催 奄美海洋生物研究会=親子で生態学び、産卵跡観察

奄美海洋生物研究会(興克樹会長)主催のウミガメミーティングが6月25日、鹿児島県奄美市名瀬の奄美海洋展示館であった。親子連れなど25人が参加。興会長が奄美大島で主に見られるアカウミガメ、アオウミガメの生態や、上陸、産卵状況などを説明。近くの大浜海岸で産卵跡や浜の生き物の観察を楽しんだ。

ウミガメの産卵跡を観察する参加者=6月25日、奄美市名瀬の大浜海岸

ㅤㅤㅤ

ミーティングはウミガメの産卵環境の保全を目的に開催。今年は6月16日に開いた龍郷町安木屋場(あんきゃば)海岸に続き2回目。

興会長が奄美大島の上陸、産卵状況の推移を報告。今年の状況について各地の調査員から報告があった。大浜海岸では5月8日にアカウミガメの上陸、産卵が初めて確認され、これまでにアカウミガメは上陸8回、産卵6回、アオウミガメは上陸、産卵ともに1回のみと、昨年同時期よりも少ない傾向がみられる。

ウミガメは音や光に敏感なため、影響の少ない赤色フィルムをかぶせたライトを使うことや、見つけた場合は静かに見守ることなど、観察時の注意点について説明を受けて、参加者らは砂浜を散策して繁殖期を迎えた国の天然記念物オカヤドカリなどを観察した。

親子で初めて参加した奄美市の児童は「海で泳いでいるウミガメを見たことがある。産卵するところを見てみたい」と笑顔。児童の母親は「種類によって足跡に違いがあることを知った。アオウミガメの足跡は魚の骨みたいできれいですね」と話した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 初夏の味、収穫始まる 奄美モズク、触感に特徴
  2. 南海日日新聞「写真:奄美の海!フォトコンテスト自由部門1位の長井智子さんの作品」 自由部門は長井さん「奄美の海フォトコンテスト」
  3. 南海日日新聞/写真:屋仁川を泳ぐクロガシラウミヘビ=13日、奄美市名瀬 屋仁川にウミヘビ、一時騒然 奄美市名瀬、繁華街の河川
  4. 映画監督が演技指導! アマミシネマフェス=未経験者もアドリブに挑…
  5. タイ少数民族とヘリテージキャンプ 沖永良部島の中高生=文化価値を…
  6. ナイトツアーの増加で野生生物への影響が懸念される三太郎峠=3月、奄美市住用町 三太郎線、利用ルール導入へ
  7. アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく 名瀬朝戸
  8. 「ミステリーサークル」に卵 大島海峡=アマミホシゾラフグの繁殖確…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP