コト

奄美の『蘇鉄』(ソテツ)

奄美の歴史と深い関係のある「蘇鉄」の話題です。

大和村の山あいです。道路のそばにはソテツが生えています。

梅雨明けまでの今の時期、奄美大島では、ソテツの花が咲き、その受粉作業が行われます。

自然に受粉することもできますが、ソテツは貴重な食糧でしたので、奄美大島では、地域ごとに手作業で受粉作業を行って、秋にソテツの実(ナリ)を収穫していたのだそうです。
こうして雄花を切り取ってひだ部分をそぎ落とし、まずは種をとります。



とった種を、開いた雌花の上に乗せることで受粉します。秋にナリが実り、収穫できるようになります。

こうした作業は、梅雨の終わる前、わずかな時期しかできません。しかも、雌花の開いた状態の時しか受粉はできないそうです。
実ったナリは、もう使い道も決まっています。村民体育大会のナリ入れです。(玉入れ)

ソテツの手入れというのがこんなにも手間暇かけて行われていることを私たスタッフも初めて知り、これまでも幾度となく奄美を救ってきたソテツにあらためて感謝の気持ちがわきました。

ソテツの葉が風になびく様子は、奄美のよく見かける風景ですが、そうした風景や昔の人のご苦労を伝えるために、今もコツコツ作業を引き継いでいる方がいる、ということに感動。
新型コロナウイルスの影響が早く収まって、安心して村民大会が開けるようにと願っています。今は、先送りになっている世界自然遺産への登録の時に、こうした風景や文化も、胸を張って世界に紹介できるようになればと思います。

MBCテレビ 「かごしま4」

投稿者の記事一覧

MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

関連記事

  1. 会えなくても音楽でつながる~大高吹奏楽部リモート演奏会
  2. アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく 名瀬朝戸
  3. 観光に電動キックボード活用 与論島、実証実験始まる
  4. 南海日日新聞〔写真〕奄美大島近海に出現したザトウクジラの親子=1月31日、瀬戸内町(興克樹さん撮影) 迫力満点、ザトウクジラ 奄美大島近海、ツアー客魅了
  5. 南海日日新聞〔写真〕アッタドコネを買い求める人でにぎわう奄美ティダの環市=19日、奄美市名瀬 今年も人気、アッタドコネ「ティダの環市」伝統野菜販売
  6. 奄美大島は星空の宝庫!本土では見られない長寿の星を見に行こう
  7. 第8回「奄美方言島口ことわざかるた大会」
  8. ツカリ膳供え祖先に祈り アラセツ前日、国文化財受け継ぐ秋名・幾里…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP