コト

未来の鉄人たちが熱戦 トライアスロンIN徳之島=5年ぶりにキッズ大会

第36回「トライアスロンIN徳之島大会」の関連イベント「チャレンジKIDS徳之島大会」が6月24日、同島の天城町にあるB&G海洋センターで開かれた。開催は2018年以来で、小学1年生から中学生まで計86人がエントリー。未来の鉄人を目指す少年少女たちがメインレースより一足先に熱戦を繰り広げた。

声援を受けバイクのスタート地点へ急ぐ「チャレンジKIDS徳之島大会」出場の児童ら=6月24日、天城町

ㅤㅤㅤ

同イベントの開催は10回目。19年大会が台風で中止となり、新型コロナウイルス禍を経て5年ぶりの開催となった。

競技は同センターのプールと周辺道路で実施。小学生~中学生がスイム(25~200メートル)、バイク(1680~3200メートル)、ラン(620~2540メートル)の最長5940メートルのコースで年代別に競った。

開会式では徳之島に移住してパリ五輪出場を目指しているトライアスリートの井出樹里さんが、「大会に参加させてくれたお父さん、お母さんに感謝しながら最後まで一生懸命がんばって」と激励。子どもたちは保護者らの温かい声援を背に熱戦を繰り広げた。

小学3、4年の部に出場した女子児童は初出場で3位と健闘。「ランが得意なのに泳ぐので疲れてしまった」と少し残念そうにレースを振り返り、「同学年の友達が男子の部で優勝したので来年は負けないように1位を目指したい」と雪辱に力を込めた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 奄美のコーヒーカルチャーに注目!奄美群島内でコーヒー栽培に挑戦す…
  2. 「汀の群島」発行 ハモニカ横丁東京、奄美の闇市を特集
  3. 出校日にサプライズ 龍郷町=美大生が小学校で黒板ジャック
  4. おいしく飲もう、徳之島産コーヒー 伊仙町=住民が収穫・焙煎体験
  5. 「競技を楽しんで」 おきのえらぶ陸上教室=鶴田、鐡丸両選手が指導…
  6. 「徳之島」でしか買えないご当地キティ
  7. 南の島のニューイヤー駅伝
  8. 闘牛再開、10カ月ぶり 「全島一」は牛若赤丸が初防衛

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP